人気ブログランキング |

鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録

by 黄梅(hungmei)
   YouTubeでみつけた3年前の動画。普通に(?)秦か漢から始まるのかと思いきや、周王朝から解説が始まりびっくり。前編は唐まで、後編は清代まで。元代の話題で火鍋と串焼き出てきて笑いました。カジュアルな出で立ちのおにーさん二人が、さながら相声(漫才)かのような軽快なトークで楽しく実況してくれます。

   英語音声ではありますが、中国語よりはまだいいかなという方がいらしたら是非どうぞ。印象的だったのは、秦は黒を重んじたこと、やはり独孤皇后のドラマは黒ずくめのほうがしっくりきたのは野生の勘があたったのか?はたまたたんなる私の好みか。おそらく英語圏への移民の中国系二世三世向けのようです。





# by hungmei | 2019-05-15 04:02 | 5雑感など | Comments(0)
d0095406_13200881.png

   使って良いのか不安なので小さめ写真でアップ。YouTubeを見ていると、范冰冰からインスパイアされたか個性的な今風古装のコスプレイヤーさんや、現代でも漢
服を着てみよう企画みたいなアカウントがいろいろあります。その中でダントツお勧めしたいのが、-夢詩-Nicoleさんの古代化妝動画。Nicoleさんは旧中国の歳時記の解説動画などもあり、服飾化粧再現だけでなく、その背景も深く学べてちょっと尊敬。

  上に上げたのは、南北朝の寿陽公主が昼寝した時に花びらが額に張り付き、それが流行した「梅花妝」。個人的な好きなのは、北宋で民間と宮中の化粧を比べた下の動画。宮中の眉毛すごいし、顔にパールをつけるのが新鮮でした、、

    前漢メイクのときには実際に当時使われていた米粉を使っていて、鉛で伸びが良くなる前の白粉って大変そうでした。後漢の孫寿が始めた泣き顔メイクなど、今の美意識と相反するメイクに躊躇なく挑戦する姿勢に気概をかんじます。




おまけ/87版紅楼夢の林黛玉、薛宝釵もあり

# by hungmei | 2019-05-14 13:19 | 5雑感など | Comments(0)

   もー銀河チャンネルさんにはドラマは追い抜かされまくりで、スター景甜の唐代沈夫人の《大唐栄耀》に続き、大好きな孝庄太后ものも本邦初放送!最近ぽい極彩色の豪華な清初ファッションが目に眩しい。また多爾袞がどれだけ手のひらで転がされてかわいそうな目に合うのやら、、、直近で見た張檬が海蘭珠、袁珊珊が大玉児のドラマは、袁珊珊のキャラクター的に孝庄太后がアホになってしまって悲しかったので、今度は頭いい感じはだしてほしい!!

  しかし、《皇后の記し》?き?タイトルがわからない、、

※コメントでご教示いただき、張檬と袁珊珊ドラマは《美人無泪(邦題 宮廷の泪)》でした。エイダ・チョイの哲哲がきれいでした。甄嬛伝の皇后様役。

# by hungmei | 2019-04-20 16:35 | 2中韓古装電影・電視劇 | Comments(2)
  絵柄載せていのかわからず不掲載ですが、最近スマートフォンでよくこのゲームの広告が出ます。「謀り」とつくタイトル、「秀女」、「小主」、「答応」などの用語から、甄嬛伝絡みなんだろうなと。孫儷のこの大ヒットドラマで従来からあった後宮陰謀ものが流行ったのは事実ですし、多くの新進女優が時代劇に出て人気を博してますし、、

  やる気ないけどココまで書いたら課金なしで(爆)やってみようかなぁと挑みましたが、やりつけないので、肩出し、垂髪のゲームアレンジファッションの妃嬪には激しく萎え、いつも礼服着てる皇帝に、細木数子みたいな宦官。生まれは「貧乏」「貴族」「皇族」ありますが、貧乏=庶民なら、一般人は清朝妃嬪になれないし皇族なら近親相姦だよ。

  年貴妃とかまんま華妃。しかもお兄さんが寵臣だそうで、まさに雍正帝、年羹堯、年貴妃そのまま設定です。そして慕氏の皇帝に簫氏の皇后だとなんか非漢族王朝ぽい。しかし説明に「もと側室だが貴妃となり」とあって、皇后以外はみんな高位だろうと側室やんけ、と小姑根性炸裂。とはいえ設定はきちんとあり、下記のようになっています。

■年代 7世紀
■国  大楚
■君主 皇帝/慕凌辰(慕氏なのか慕凌氏なのかわからない)
■後宮
皇后/簫蓮意(しょうれんい)
貴妃/年素言(ねんそげん)

  他、謹妃や葉答応さんがいました。入宮してすぐついてくれるのは侍女の月秀ちゃんです。謹妃様といえば甄嬛のドラマ上での恋人だった果親王のお母さん劉氏が思い出されます、、あと金朝皇后なんかほぼ簫氏しかいないし。みんな簫氏でかつ近い親戚だが、仲が良いわけではまったくない。むしろ親戚で殺し合いまくり。

  皇后と貴妃の対立、甄嬛伝もですが、この場合年代といい唐代高宗の王皇后と簫淑妃の関係も思い出す。簫氏といえば非漢族の名門。皇帝の慕凌氏(でいいのか?)も、鮮卑族で前燕皇室の慕容氏を連想。慕容氏、現在も百家姓のうち400番台にいますし、水滸伝話中にも実在の哲宗妃の慕容貴妃が出てきて、、そんなことばかり意識がいき、小姑には楽しめませんでした。

  でも大ヒットした名作、3Dバージョンもリリースされてますので、スマートフォンゲームがお好きな方は是非試してみてください!感想をお聞きしたいです。特に、皇帝以外にも、夜中に笛吹いてたり主人公を陰ながら助ける報われない恋人的ポジションの男性キャラも選んで遊べるので、男性側でプレイするとどうなるか確かめてみたい。

# by hungmei | 2019-04-13 15:54 | 5雑感など | Comments(0)

  以前あげたものと多分重複してる気がしますが、念の為アップ。87版紅楼夢の雲姑娘こと黄梅戯女優の郭宵珍さんが教えてくれるシリーズ!

# by hungmei | 2019-04-11 15:42 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(0)
  最近、ライブでも録画でもトークでも歌でも、中国メディアのマイクはインカム式のようで、この杭州越劇院のものも。時代劇衣装にインカムはどうなんだろう。個人的に苦手です(泣)




# by hungmei | 2019-03-29 13:43 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(0)
    越劇の旦といえば袁派、偉大なる改革者にして新時代を切り開いた袁雪芬老師のお弟子さんたち、なかでもトップ格の方亜芬さんのロングインタビュー。the越劇の旦!をみたいなら袁派だと思うので、興味の有る方は是非。


# by hungmei | 2019-03-29 13:40 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(0)
   武生はアクション担当、男女共演の地方劇ではほぼ男性ですが(越劇は例外)、金華ハムと卸売市場で有名な浙江省金華市(県級市)の義烏市(地級市)には女性の武生がいらっしゃるそう。番組ではパーソナルデータから戯曲や武生への思いなどインタビュー。趣味は絵を描くことだそうで、素敵な戯曲絵を披露されていました。夢を叶えた方は素敵だ。


# by hungmei | 2019-03-22 12:17 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(0)