李翰林監督・趙雷主演『江山美人』(1959)

d0095406_13415313.jpg『江山美人』は59年ショウ・ブラザーズ作品で、李翰林の代表作。唄あり踊りありのミュージカル風、安徽省の戯曲「黄梅調」映画の金字塔です。主演は当時の香港映画界の寵児、林黛と趙雷。趙は「皇帝俳優」と呼ばれたほど、青年皇帝役でならした俳優さん。今のチャングムの王様の韓国俳優さんみたいな感じ?本土生まれ、銀行員を経て香港映画界入。容姿を買われ時代劇で人気、60年代後半からは台湾へ拠点を移し、96年に亡くなりました。林黛は当時「一代影后」=映画の女王、と呼ばれた女優。香港スター姜大衛も出ているらしいのですが、クレジットにもいないしどこに出るんだろ?ちなみにこの映画、日本公開もあり。カンフー映画で有名なキン・フー監督が、主人公の弟・大牛を演じています(たぶん)。

d0095406_13422373.jpg【ストーリー】明代一の愚帝と称される正徳帝の時代。20歳の彼は政治が退屈で仕方ありません。お忍びで出かけた江南で居酒屋の娘の李鳳と恋に落ち、李鳳は妊娠。しかし皇帝は紫禁城へ帰る事に。皇后として迎るからと約束しますが、彼女の事をすっかり忘れ後宮で遊ぶ皇帝。月満ちて男の子が生まれ、李家は町中の冷たい視線を浴びます。弟の大牛はそんな姐を不憫に思い、単身遠く都へ。大道芸で事の顛末を訴え、宰相の行列に姐と甥について注進する大牛。民間から皇后を迎えるのに難色を示した母后も、宰相の養女にする事で妥協。江南の李家に宮廷から迎えが行き、李家は総出で大喜び。李鳳は息子を残し、先に宮城入りする事になりました。

しかし道中に嵐が吹き荒れ、宮城へ着いたとき李鳳は息絶えていました。手には皇帝の残した詩入りのハンカチ。皇帝は悲しみにくれ、劇終。てっきり喜劇で、皇帝と村娘が結ばれる話かと思っていたら悲劇でした・・・。でも弟の大牛のひたむきさ、兄と嫂が未婚の母はとなった李鳳を見守り子どもを育てる優しさ、江南に残され忘れられた李鳳の悲しみと、最期は泣きまくりで見ました。この時代のショウブラお馴染み俳優さんも総出。セットもこの時代の映画らしく、「屋外の設定だけどいかにもな室内セット」で古い映画ズキにはたまりません。さすが娯楽時代劇の巨匠、と思いつつも非道な皇帝に怒り心頭です。ラブストーリーというより、家族愛を説くドラマだったのかなあ。

※写真はキン・フー演じる大牛。いい人です!
d0095406_13135688.jpg

# by hungmei | 2007-03-24 00:52 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(3)

2002年CCTVドラマ『考庄(荘)秘史』

主演は『上海グランド』など香港でも活躍の寧静。ヌルハチの14子ドルゴンは考庄と相思相愛ですが政略により彼女は兄のホンタイジと結婚。皇后となった彼女は夫の死後ドルゴンに下嫁し・・・。考庄は他に3人の娘を産むはずがシカト、狩の途中のはずがここではドルゴンは戦死、好色さで有名ですがそれも控えめ。あくまで純愛。ドルゴンに子どもがいないのは史実通りかな?台湾俳優の馬景涛ドルゴンがなかなかです。彼が考庄への愛を最期まで貫くのに対し、考庄は国母としての責任からか拒否。それでもラストは「ドルゴンこそ私の愛した唯一の勇士」と歌い終話。中年ドルゴンが「我要你!」と迫るところは既に「失楽園」。

ドルゴン死後は董鄂妃との初恋や大婚、廃后などが順治帝の後宮問題がメインテーマへ。順治帝はよくあるドラマのイメージ通りひ弱で馬面(偏見?)。考庄は康煕即位以降も生きるはずが、晩年は省略されています。ホンタイジの正妻は考庄の叔母で、政治的な因縁と骨肉の争いがマッチしものすごい怨念。順治帝は偶然から董鄂妃と知合い恋に落ちますが、考庄は政治的配慮から彼らを遠ざけます。ここで董鄂妃は母が漢人と設定されており、「皇后はモンゴル人が宗法」と董鄂妃は選秀女で皇弟・十一阿哥に縁づけられますが、彼の死により皇帝の後宮へ。モンゴル人皇后は康煕帝までと聞きますが、時代の変遷か、考庄皇后の影響か。でも康煕帝も母が漢軍八旗出身だし、その後もモンゴル系后妃は続くけれど・・・。



ドルゴンの実母をを斯琴高娃が演じ、ヌルハチへの殉死を強制されるシーンが怖いです(※1)。十一阿哥を産んだ考庄のライバル貴妃も、息子が皇位争いに敗れ若死にしてしまうと発狂。女同士で乱闘もあったりして、「大奥」っぽい。ドルゴンと考庄も常に不倫を疑われ、順治帝の補佐と教育に熱心なドルゴンを指し「まるで3人家族のようだ」といつも噂の的。ホンタイジに最も愛される宸妃は考庄の姉で、夫の死後にホンタイジへ再嫁。八阿哥を産みますが夭折、自身も若死します。この姉を映画『紅おしろい』等で有名な越劇女優の何賽飛が演じおり、キレっぷりがたまりません。ストーリーは寧静のためにあるようなもので、ちょっと?ですが、女性陣がひとくせもふたくせもある人ばかり。見ていて飽きません。

ドルゴンの正妻となる考庄の妹=小玉児は、これまたキレキャラ。何かにつけ姐を敵視し、ドルゴン大好きだけどそのウザイ性格から嫌われ、結婚後も不和が続きそれを苦に派手に自殺。誰からも疎まれる直情型ヒステリーを白慶淋が好演。もしかして嫌われたくてやってるんじゃ?という感じ。個人的に趙鴻飛が演じるドルゴンの同母弟(※2)がお気入。兄の即位を応援し団結する体育会系の熱い兄弟コンビがよかった!侍女でずっとドルゴンとの仲を見守る蘇麻尓を演じる胡静もたまりません。演技派で10-40代を一役で演じても違和感なし。馬景涛・趙鴻飛コンビが見られる続編『太祖秘史』『皇太子秘史』は見るか迷います。2人が対立する話だと食指が動かない。。。ちなみに蘇麻尓の設定は『康煕王朝』の蘇麻<口刺>姑と同じ人物から。

※1 12子アジゲ・14子ドルゴン・15子ドドの母ウラナラ氏。ヌルハチの遺言で37歳で殉死。
※2 ヌルハチ15子、予親王・多鐸。2歳上の同母兄ドルゴンと共に 武勲目覚しく順治帝政権
    下で権力を振るいますが、ドルゴンより1年早く死んだらしい。『揚州十日記』に描かれた
    大虐殺の時の司令官。ドルゴンが死後失脚した時、同罪で郡王に降格された。

d0095406_10414944.jpg

# by hungmei | 2007-03-23 01:21 | 2中韓古装電影・電視劇 | Comments(0)

2001年CCTV大河ドラマ『康煕王朝』

d0095406_1024586.jpg日本語版もあるドラマ、私の目的は少年康煕を演じる李楠さんを見ることでした!86年CCTV『紅楼夢』の茗烟役から、30代とは思えぬ童顔で96年『還珠格格』小卓子を演じた俳優さん。『康煕』で10代後半までを演じた頃は36歳、現代物では歳相応ですが、帝王らしい冷酷さと寂しがり面を併せ持ついかにもな「少年皇帝」です。私の興味はもっぱら斯琴高娃の考庄太后と康煕帝・蘇麻・東亭3人の友情。※以上の理由から見たのは1~15話、46~50話のみ。

【上記の点に絞った大雑把なあらすじ】幼馴染で忠実な宮女・蘇麻や側近の魏東亭は幼少時代から康煕帝を支えます。蘇麻は考庄の信任厚く、大婚後も皇帝は彼女にご執心、考庄は「蘇麻を徳妃に」と決め康煕帝も大喜び。しかし彼女自身は「寵を競う人生は嫌です」と拒否。考庄はこれを許し、皇帝はおおいに傷つくのでした(14話)。その後も蘇麻と東亭は皇帝の最も信頼する側近。しかし物語の終盤外征に出た矢先、考庄皇后と蘇麻は同時に亡くなります(47話)。帰還後に東亭も先に逝き、東亭の孫息子を後の乾隆帝の学友にした後、安堵した康煕帝は亡くなります(50話)。

蘇麻は実在する康煕帝の乳母からとったモチーフらしい?『考庄秘史』には考庄と同年代の侍女として描かれ、名前もずっと「蘇麻尓」。彼女は死の直前、皇帝に「本当は愛していたが主子のあなたには言えなかった」と手紙を書くクサい展開。一夫多妻制のジレンマというか、後宮で寵を争うよりプラトニックに仕え続けるって、陳腐だけど共感。実際、廃太子やら後宮問題でいつもすったもんだしてるし。蘇麻役の茹萍は60代まで1人で演じ、彼女だけいつまでも童顔でヘン。それにしても考庄太后の斯琴高娃はすごい貫禄!蘇麻は髪を切って後宮入りを拒み、皇帝と太后に大恥をかかせて無罪はスゴイと思ったのでうすが、最後に来てこういうオチだったのか・・。それとこの考庄太后は一体何歳まで生きたんだ?
# by hungmei | 2007-03-22 00:23 | 2中韓古装電影・電視劇 | Comments(0)

武漢越劇団『毛子佩闖宮』/越劇電影『雲中落綉鞋』

d0095406_20182144.jpg


珠江電影製片・香港鴻図影業公司連合撮制、年は記載がありませんが恐らく文革前か?明代正徳年間が舞台の恋愛物。以前見た河南省の「越調」戯曲は完全に言葉は北方でしたが、今回は「不来了」が「プレイリャオ」という感じに聞こえて、上海や浙江の越劇と近い印象でした。【あらすじ】毛御史の子、毛子佩は幼馴染の薛梅と相思相愛。しかし父が死に、宮廷からの命令で薛梅は後宮へ。薛美人となり皇帝に目をつけられますが、宮廷の奥深くに迷い込んだ毛子佩と再会した薛梅は困惑顔。そこへ寵妃の張昭書のとりなしで、度重なる障害も乗り越え、見事2人は結ばれ薛梅は後宮から出る事が出来ました。

毛子佩の父は御史だけあって、薛梅が妃に冊立される時、毛子佩が後宮に忍び込み皇帝に見つかった時、女装した毛子佩が後宮でまたまた薛梅のところへ忍んだ時、三度とも息子の不祥事に立ち合わせられます。皇帝も「またコイツか(毛子佩のこと)・・」と呆れ気味、父も「いい加減にせんかー!」と体罰を食らわせますが、全く懲りない毛子佩。というか、三度も後宮に進入し妃に手を出そうとするなんて、初回で死刑でないの?とちょっと疑問。淡い2人の恋と、それをからかいつつ昭書とは思えない媒婆もどきの取り持ちで皇帝を納得させてしまう張娘娘の道化っぷりが楽しい演目です。リンクの江南春琴行さんで購入、セットや衣装がすごく豪華でした。

d0095406_17592085.jpg


『雲中』の方は、よくある~越劇団演出というテロップも製作年もないのですが、だいぶいつもの上海や浙江の越劇と近い感じ。明の宋煕年間の神話劇。郡主=皇族の娘の高蕩霞は中秋節の最中、妖怪にされわれます。それを助けた庶民の石義と結ばれる話なんですが、筋がややこしくて見ていると長いかも・・。石義を陥れ自分が郡馬=婿になろうとする実兄、忠義者の石義を見込み助けてくれる白兎仙子・・・妖怪は全身緑色に塗っていて仮面ライダーの悪役とか思い出す感じ。特殊効果もそこそこ使われていて、何だか越劇というより戦隊モノも思い出しました。とらえどころのない感じ?
# by hungmei | 2007-03-21 20:30 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(0)

革命様板戯『奇襲白虎団』

60年代-70年代に起こった中国文化大革命。多くの死者を出し下野運動などその後の全てにわたり大きな影響を残した事件ですが、その中でも特徴的なのがこの演目を始めとする「革命様板戯」。日本では「革命模範劇」とも。京劇を現代風に改作、共産党公認の8つの演目のみを正統とし、これ以外の伝統戯曲の上映は禁止。多くの俳優さんが迫害を受けて亡くなりました。越劇なら竺水招、徐玉蘭(※1)のご主人、黄梅戯なら厳鳳英(※2)など。ちなみに他は「智取威虎山」「海港」「紅灯記」「沙家浜」、バレエ劇「紅軍娘子軍」 「白毛女」、交響曲「沙家浜」。バレエ劇は最近復刻して話題になったんだったかな・・

※1・・『紅楼夢』の宝玉役で有名、徐派小生の元祖の方。
※2・・現在の黄梅戯の祖、『女附馬』『天仙配』等の映画も名作。

d0095406_20495174.jpg


この映画は1972年長春電影製片、この映画会社ってすごく革命色が強い印象なのは偏見?時代のせいか、単に大会社で製作本数が多いだけか。【あらすじ】地1954年朝鮮戦争のさなか、中国人民解放軍が朝鮮共産党員や村民と協力してアメリカ軍を打ち破る話。「白虎団」は実在した部隊で、革命模範劇じたいが演目を階級闘争・抗日戦争・独立戦争に限定。劉少奇や林彪の失脚など数々の政治闘争と共に日常生活にも粛清の嵐が吹き荒れ、謝晋監督『芙蓉鎮』などの映画でもその混乱ぶを見ることが出来ます。陳凱歌監督ももと紅衛兵だったり、文革の捉え方を巡って様々な意見があるようですね。

日本では紹介されませんが、本土でも意外や意外、革命模範劇は今でも人気があるよう。全員ではないでしょうが、文革が終わってもなおこの演目が鑑賞され続けるのがその証拠か。現代風に改作といいますが、仕草や唄、拍子木の効果音などは完全に普通の京劇(笑)。衣装は洋服ですが、メイクは眉毛が非常につりあがって京劇美学がいきています。日本人将校も悪役として登場。どこまでもあくどく、最期には情けなく殺され、見ていていい気はしないです。しかしアクションが素晴らしくて。こんなに極端でツッコミどころ満載なのに、不思議な魅力が。私は8つの中でもこの作品が一番好きですね・・。

ハイライトが動画でも見られます※重いです、注意が必要。
# by hungmei | 2007-03-20 21:04 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(2)

邵氏出品黄梅調映画『玉堂春』

d0095406_18242688.jpg
ショウブラザーズの61年作品、監督はカンフー映画で有名な胡金銓=キン・フー。60年にはショウブラ看板監督だった李翰林『倩女幽魂』で助監督を務めていたましたが、こんな黄梅調の時代劇を撮っていたんですね。主役は同じく看板俳優の楽蒂=ベティ・ロー/ロック・タイに、趙雷=チャオ・レイ。唄がたくさんの、華麗で王道な黄梅調映画です。演目は明代の文人で、『金瓶梅』で有名な馮夢龍「三言ニ拍」のひとつ、『警世通言』からとったエピソード『玉堂春落難逢夫』から。

【あらすじ】官僚の息子・王金龍はふとしたことから妓女の蘇三と深く愛し合うように。妓楼で結婚式も上げ、非公式ながら夫婦となった2人ですが、金龍がお金を使い果たしてしまいます。妓楼から叩き出され、一時的にお寺でホームレスをした後に実家へ帰る金龍。改心し勉強に励み御史にまで上り詰めた彼が、ある日法廷で出会ったのはかつての妻・蘇三。彼女は金龍が追い出された後、不本意ながら山西省の沈燕林へ妾として落籍。沈家では嫉妬深い妻が蘇三を虐待し、しかも沈を毒殺しその罪を蘇三へ被せたのでした。思わぬ場所での再会には動揺しますが、取調べが進むうち蘇三は無実とわかります。都察院に持ち込まれるまで2審の

d0095406_1846524.jpg

写真の行商役、お気に入り俳優・李昆さんプロフィール
冤罪も晴れ蘇三は釈放。それとなく2人の過去を察した同僚の劉・潘両大人のバックアップもあり、遂に2人は結ばれ仲良く帰京。この演目は中央電視台ドラマ『紅楼夢』で柳湘蓮の俳優さんが出た黄梅戯TVドラマ80年代版がありますが、こちらはさすが黄梅調映画。TVドラマが王道の戯曲なのに比べてもっと初心者向き。黄梅戯のみならず越劇、京劇とあらゆる戯曲にあるこの演目、明代の話だけあって個人的に共感しにくい面があったんですが、この映画だとそれが薄まっています。戯曲だと最大のハイライトの法廷シーンもあっさりめで見やすい。

セットや衣装が断然豪華で酒令シーンが素敵でした。他のショウブラ作品『鳳還巣』でおやじトリオで主人公の恋の仲立ちをする俳優さんが、同じく金龍と蘇三を助ける知県のはん大人、『梁祝』で梁山伯の使用人・四九や『紅楼夢』でおやじ過ぎる茗烟を演じていた俳優さんが金龍おぼっちゃまに呆れつつ助けてしまう行商人の金哥など、脇役が光っていて飽きません。沈燕林も憎めないおじさんで、戯曲で毒殺されるのは彼のはずが、この映画では蘇三を毒殺する予定が手違いから彼が殺され気の毒。素寒貧になって勘当された金龍が姐たちのとりなしで老父に許されるシーンも、個人的にツボ。バカ息子ほど可愛いのかな、って状元になったんだから御の字ですかね。

作品紹介ページ
# by hungmei | 2007-03-20 19:01 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(2)

邵氏出品『紅楼夢』(1961)



おなじみショウブラザーズの黄梅調映画ですが、これは李翰林ではない袁秋<石風>監督の61年作品。ショウブラザーズの古典美人と称されたベティ・ロー=楽帝がヒロイン林黛玉を、賈宝玉は女優さんが演じています。80年代CCTV版では男優の欧陽奮強さんが演じていますが、『梁祝』の梁山伯といい、小生役は映画でも女優さんが演じることが昔は普通だったよう。94年ツイハーク監督『梁祝』では台湾人男優ニッキーウーが梁生で、「伝統を脱したさすが香港ヌーベルバーグ」といわれたそう。

原作のあらゆる台詞やシーンを継接ぎし2時間前後にまとめてありますが、これは襲人と煕鳳の悪役ぶり・ニ玉のラブラブぶりが他に比類を見ないほど強調されています。加えて他作品より挿入されたエピソードも多く、展開が早い。周せんの40年代モノクロ映画から始まって、61年のこの映画、77年の李翰林監督作品、80年代CCTVドラマや陶慧敏主演の映画など見ましたが、ここまでデフォルメされていたのは始めて。黄梅調映画らしく随所に唄が入りますが、多すぎというか。もっと一曲をじっくり聞かしてくれた方がいいです。

ショウブラザーズ『梁祝』は越劇を踏襲した印象でしたが、こちらは別物。襲人は側室になる気を周囲に隠さず、煕鳳は宝釵入府時から「宝姑娘をニ奶奶に」と熱心に運動し黛玉を排斥にかかっています。茗烟をはじめ使用人達もニ玉の関係は公然の秘密で、金釧に宝玉が「林姑娘との事はうまく行きそうにありませんよ」とからかわれます。ニ宝の結婚が決まった時なんか、ワイドショー並みの扱いで噂が広まってるし。金釧はその発言のもと、宝玉と戯れているところを鬼のような王夫人に見つかります。叱責された挙句に屋敷を出される事になるのですが、それを言い渡されたとたんにすぐ井戸へ投身。「え、もう?早い!」とショックでした(笑)。

「読西廂」「葬花」「焚稿」などはありますが、その短さで味わう暇がなくちょっとせわしない。宝釵は美人でなく太り気味でとても十二釵に見えず(汗)。彼女の入府時には使用人がその財産に驚き、媚まくっています。襲人は黛玉に嫉妬しまくりで積極的に宝釵と結婚させようと、ニ玉の相思相愛な事をご隠居・王夫人・煕鳳・薛姨媽に密告。同時に紫鵑と雪雁が「うちの小姐の為にも、ニ爺の気持ちを試しましょう」と無邪気に蘇州帰京の話をしたため、宝玉の結婚があれよあれよと決定。台詞が原作と違う人に当てられているものも多く、薛姨媽が「林姑娘はひ弱で、大家の家政は見れませんわね」と言っていたのも印象的でした。

薛姨媽が「ニ爺と林姑娘、きっと良いご夫婦になるわよ」というシーンも・・。薛姨媽って、映画版や越劇で台詞はほぼ無しですし。それに元春からの賜物や、宝釵が宴席で西廂記を引用した黛玉を嗜めるシーンもこの長さの映像化作品だと普通入ってないかも。普通はベットか長いすの上が黛玉は床上に転がって息絶え、結婚式の途中でバカ姐やが「林姑娘死了!」と会場をかき乱します。全体の完成度としては、邵氏作品の中でも位置づけがそれほどでもないのも納得?戯曲になれていて原作のシーンも覚えていると「あ、ここが違う!」と雑念が入りますが、原作の雰囲気が味わえて気軽に見られるという意味でとても良い映画ではないでしょうか。衣装やセットがとても豪華です♪

※写真は宝玉、演じるのはショウブラザーズ版『梁祝』で祝英台の侍女・銀心を好演した任潔
任潔プロフィール

※パッケージに「主唱・凌波」とあるので、やはり『梁祝』で梁生役の女優さんが歌っているよう

d0095406_0425792.gif
# by hungmei | 2007-03-20 00:41 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(1)

横浜中華街チャイナスター『拾玉鐲』

d0095406_23564226.jpg
 横浜中華街に京劇を生で見られるチャイナスターさんというお店があります。大会場と違いこじんまりした舞台で、客席とかなりの至近距離。日本で京劇鑑賞というと大きなホールで遠くからみるような場合が多いかもしれませんが、戯曲は本来大箱以外にも小さい会場で内輪で上映されるものであり、本領発揮。今回の主演はチャンチンホイ(小生・彩旦)さんに、NHK中国語会話にも出演されている盧思(花旦)さん。

 演目は『拾玉鐲』。桂劇=江西チワン族の劇に起源を持ち、明代の孫家症という村で繰り広げられる貴公子と村娘の甘酸っぱい恋と、それをからかいつつ取り持つ媒婆=仲人のおばあさんのやりとりが楽しい、初心者向けの演目です。特に今回見たのはチャイナスターのオリジナル脚色で、伝統的な演出のもとチャンチンホイさんが脚色した部分が大きいそうで、ほんと1時間笑い転げました。ネイティブがこの演目を見ると、こんな風にダイレクトに笑えるのかなあ、なんて。北京語が出来ないので、今まではそれ程笑えるとも思った事がなかったのですが・・。

 字幕があるなら何とかなるかなあ」などと不安もあったのですが、開始前に簡単な京劇講座ビデオがあり安心。「作中、媒婆でなく媽媽と呼ぶのは、媒婆の持つ軽蔑的ニュアンスを避けるため」と勉強になりました。現代風の演出あり、コント風のサービス武技シーンあり、心象表現として役者さんは黙っていますが心中の声がマイクでかぶさったり、一部日本語の台詞ありとかなりベーシックなものとは違う。それが全部面白い方に転んでいて、これで4500円はホントお得!次は「天女散花」か「財赴宴」が見たいな・・ちなみに、覇王別姫は縁起が悪いのでお正月期間は上演しないと伺い、なるほどと納得。

チャイナスターHPの『拾玉鐲』のページはこちら
# by hungmei | 2007-03-19 23:52 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(2)


鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

※このブログについて※
1越劇、黄梅戯、地方劇
2中韓古装電影・電視劇
3紅楼夢/ドラマ、書籍等
4ブログ関連書籍
5雑感など
電視劇

最新のコメント

オチアイさん ご教..
by hungmei at 19:48
香港ショウ・ブラザース黄..
by オチアイ at 18:22
返信遅れましてすみません..
by hungmei at 22:57
jiaは「架」ではないで..
by 行路人 at 00:05
アザハさま コメン..
by hungmei at 17:02
ご紹介をありがとうござい..
by アザハ at 00:34

記事ランキング

関連サイト