<   2018年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

天津評劇院建院60周年記念

逆算すると1958年設立?ふだん越劇で南方戯曲を満喫していますが、東北三省の評劇、河北の豫劇も好きです。代表的なのが女優さんというのが惹かれるのだろうか。特に評劇は花為媒、小白玉霜、秦香蓮あたりは外せない。劉巧児も、電影版紅楼夢の劉姥姥こと趙麗蓉さんが李大嬸役でいい味出してる

現役の俳優さんも好き。


by hungmei | 2018-11-30 09:44 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(0)

CCTV11《跟我学》旦(女性役)のヘアメイク京劇篇


by hungmei | 2018-11-28 02:13 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(0)

陳家林導演、傅芸偉出演「努尔哈赤」(1986)

youtube「努尔哈赤第六集」(クリックで視聴可能)

 写真ですらあまりお目にかかることがなく、ほとんど文章ばかりで認識していたドラマ「努尔哈赤」。しかし監督、スタッフ、演員からして当時の粋を集めて作られたのは明確で、ずっと気になっていたのが、視聴する機会に恵まれ全16話にチャレンジ。話数が控えめなのも昔っぽくてたまらんです!

 主人公の努尔哈赤は清太祖にして、明を追い詰めながら山海関ごえならず、戦傷が悪化し亡くなった偉大な初代。

  正直、山海関入りして北京で即位した清世祖順治の祖父、なんとなく清太宗ホンタイジよりさらに怖そうなオッサン印象の強い、色んな意味で満族らしさ満点の創業社長の物語。

  中文字幕がないため完全理解は難しいけれど、登場人物が少ないため歴史を知っていれば理解はそこまで難しくなさそうです。私は他の理由もあり流し見になってしまいましたが、北影版紅楼夢の宝釵こと傅芸偉扮する阿巴亥(孝烈武皇后・烏喇那拉氏、ドルゴン生母)がかなり目立っていて、整形のない時代の古装美人を堪能。

  李静莉演じる正妻の孟古(孝慈高皇后・葉赫那拉氏、ホンタイジ生母)も素敵でしたが、出番が少なかった!妃嬪の出番はほぼこの二人のみ、代善と私通を疑われた低級妃嬪が永巷(後宮の牢獄みたいなところ)送りになっていたくらい。

   これはドラマ全体で必要なのか?と印象に残りました。阿巴亥が代善との私通を疑われた噂は聞いたことがあったけど、このドラマだと努尔哈赤后妃のうち三人と噂になっており、さすがに人数多くないか。  

意外なのが辮髪クオリティが低くて、ファンからしたら、辮髪本家中の本家みたいな人のドラマなのになんで?!とかなりがっかり。ほかはセットのボロさ、ロケの壮大さなどがアンバランスで、往時が忍ばれます。こういうの大好きなので、ご同好の方にはおススメ!

by hungmei | 2018-11-21 10:33 | 2中韓古装電影・電視劇 | Comments(0)


鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

※このブログについて※
1越劇、黄梅戯、地方劇
2中韓古装電影・電視劇
3紅楼夢/ドラマ、書籍等
4ブログ関連書籍
5雑感など
電視劇

最新のコメント

オチアイさん ご教..
by hungmei at 19:48
香港ショウ・ブラザース黄..
by オチアイ at 18:22
返信遅れましてすみません..
by hungmei at 22:57
jiaは「架」ではないで..
by 行路人 at 00:05
アザハさま コメン..
by hungmei at 17:02
ご紹介をありがとうござい..
by アザハ at 00:34

記事ランキング

関連サイト