韓国時代劇「漢城別曲-正-」(2007)

d0095406_19563068.jpg 「風の国」の脚本家パク・チヌがおくるラブストーリーとサスペンスの交錯するフュージョン時代劇。ラブコメは好きだけどラブストーリー(特に悲恋)は苦手な私ですが、アン・ネサンが正祖を、ト・ジウォンが妓生を演じているし、サスペンスなら何とかなるかな・・と挑戦。全8話。

・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 幼少期に愛し合っていたサンギュとナヨン。しかしサンギュは両班と妾の子、両班の嫡出であるナヨンと身分差は歴然。サンギュは清へ留学、4年後に帰国し下級官吏となる。しかしナヨンは父が謀反で処刑され、官奴婢となったのち行方不明に。いっぽう同じく幼少期にナヨンと知り合い歴官となっていたマノ。彼もまた、両班と常民の子でナヨンとの差を感じていた。ナヨンに惹かれるものの身分の壁に絶望したマノは歴官を辞め清へ留学。彼もまたサンギュと同時期に帰国し再び商売を始める。実はナヨンは父の復讐のため連続殺人を犯すが、追うのは官吏となったサンギュ。そしてついには大妃と正祖の対立、改革反対派の動きに巻き込まれてゆく・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 身分差がややこしいですが両班=貴族みたいなもの。でも三代科挙に合格しないと資格がなくなったり、日本の江戸時代の身分制度のように完全な世襲制ではないみたい。時代劇でよく「没落した両班」て出てくるけど、そのせいなのかしら?その下に中人階級という下級官吏(訳官、医官など実務を担う)層、常民(いわゆる庶民、農民)層、賎民層。賎民は官と民にわかれています。これがややこしい。
 それは七般公賤=官奴婢、妓生、官女、吏族、駅卒、獄卒、犯罪逃亡者と八般私賤=巫女、革履物の職人、宮中音楽の演奏家である使令、僧侶、才人と呼ばれた芸人、旅をしながら歌や踊りで生計をたてる社堂、女連れで芸をする挙史、皮加工や屠殺業に従事する最下層の白丁など。
 連続殺人の推理が絡むことでなんとかラブには耐えられたものの、なぜここでまた宮廷闘争・・。必ずと言って良いほどどの時代劇でも王様の話にいっちゃいますね。違うのは「別巡検」シリーズくらいかなあ。タイトルの「-正-」は登場する22代正祖をさしています。「イ・サン」でおなじみの王様。映像美は確かにすばらしい。フュージョン具合は衣服などでなくインテリアで、テーブル椅子や天井の高さにほかの時代劇との差がありました。



パク・サンギュ...チン・イハン
捕校(捕盗庁の下級官吏)。両班と妾の間に生まれ、蔑まれて育ったため暗い幼少期を送る。そしてナヨンと惹かれあうが、両班の娘である彼女とは結ばれず、ナヨンに少しでも近づきたいと清へ留学。清で医学と法学を学び帰国後現職につくが、ナヨンは行方不明になっていた。仕事に燃え連続殺人事件を捜査するが、その犯人がナヨンであること、またその裏には正祖と大妃の対立もあると察知。ナヨンを守ろうとするが大妃の放った刺客に殺され、ナヨンとともに息絶える。ミュージカル俳優さんでテレビ初出演らしい。

イ・ナヨン...キム・ハウン
もとは両班の娘だが、父が失脚し身分を落とされた。幼少時代、サンギュと惹かれあい、彼の心を開かせようと苦心。しかし父が謀反の罪に問われ(お約束)、官奴婢に落とされる。やがて医術を学び、父の復讐のため殺し屋に。最期は正祖の意志をつぎ朝鮮の改革を助長しようとするが、それを阻む大妃側に狙われ、火事を装って殺されそうに。辛くも逃れたものの、結局はサンギュとともに刺客によって殺される。セクシー女優さん。

ヤン・マノ...イ・チョニ
ナヨンの幼馴染。両班と常民の間に生まれた。ナヨン父の推薦で歴官となり生活は豊かになるものの、変わらず存在するナヨンとの身分差に苦悩し、裕福な生活を捨て結局は歴官を辞める。そして清に留学、帰国後はまた商売を一からスタート。大妃側に組し、ナヨンとサンギュを追い詰めるが、最後にはナヨンを助けようとする。しかしナヨンはサンギュとともに死んでしまい、ウォリャンとともに外国へ行こうとするが、ウォリャンには断られる。この作品で知名度アップの俳優さん。

王(正祖)...アン・ネサン
改革がうまくいかずイライラしている王様。コミカルな役が多い俳優さんですが、ここでは孤高の王様でした。でも、王様の威厳をもつには少し華奢なんですよね体型が・・(好きな俳優さんなのですが)。朝鮮の改革に心血を注ぐものの暗殺されてしまい、その意志をついだナヨンによって改革が続行されようとするが、大妃に阻まれてしまう。

大 妃...チョン・エリ
王の義母だが、祖父の先代王の後妻のため王と同年代。パク・インビンと共謀し強力な王権が農民の生活をラクにするという政策を実施しようとする。おそらく21代英祖の第一継妃・貞純王后。マノを使って暗躍し、義理の孫の正祖を暗殺、ナヨンとサンギュの命も奪う。最後の勝者でとても憎たらしい。「パリの恋人」でイ・ドンゴンの母役だった女優さんだと思う。

ウォリャン...ト・ジウォン
梅香楼の妓生。サンギュを愛しており、大妃に狙われたサンギュの助命に奔走。しかしサンギュはナヨンとの死を選び、サンギュの子を妊娠したウォリャンはマノの誘いを断って朝鮮に残る。「女人天下」の敬嬪役だが、当時と顔がぜんぜん違う!

パク・インビン...キム・ウンス
高級官僚。大妃と協同、正祖とやや対立。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 見ながら「チェオクの剣」を思いだしましたが(草原でのナヨン・サンギュ殺害シーンなど本当にそっくり)、マノは生き残るので同じ三角関係でもそこが違うかな。チェオクでヒロイン茶母は上司と義賊二人に惹かれていたけど(そして片方とは兄弟だったけど)、ここではサンギュ&ナヨンのカップルにマノが横恋慕している状態。はじめラブストーリーかと思っていたのですが、オチは正祖の朝鮮改革であり、キモはラブでなく愛国・改革
 大妃側の勝利で終わるもののラスト「大妃も長くはない」とされ、実際に正祖死後5年程で大妃も亡くなるはず。アン・ネサンはさすがの演技で悲運の王様を演じていましたが、何より暗い結末が嫌いな私には辛かった。ウォリャンが遺灰をまいているラストシーンからすると、サンギュは火葬にされたみたい。サンギュ父も自害したし・・・(ほんと暗かった)。余談ですが正祖の後の王様はあまりドラマにならず明成皇后とかまでとんじゃう?
by hungmei | 2009-04-23 22:37 | 2中韓古装電影・電視劇 | Comments(5)
Commented by hungmei at 2009-04-24 13:13
「イ・サン」といい「漢城別曲」といい、改革派の若い王様・正祖と奸悪な大妃(そして義理の祖母)・貞純王后ってよくある組み合わせなんですね。「女人天下」ふうに、貞純王后を主人公にして悪女ドラマを撮ったら面白いでしょうか・・・ただ、いまどきじゃないってハンデはありそうですー。

「風の絵師」でも貞純王后は悪役だったし。ここまで造型が決まっててムカツキ度が高いキャラクター(実在の人物だけど)も貴重な気が。正祖より長生きしやがる(失礼)のが腹が立ってたまりません(笑)。また「善徳女王」「千秋太后」など王朝女性主人公もの時代劇に加え、ちかぢか朝鮮時代の女性豪商を主人公にした時代劇も企画進行中だとか!
Commented by yummy at 2009-04-24 21:23 x
こんばんは~

>正祖より長生きしやがる

アハハハ・・・・
いやまったく!どのドラマを見ても貞純王后はそう思えます。
タイムマシーンがあったらこの時代に戻って、彼女がどんな人なんだか確かめてみたいです。
正祖の母も正室もまだ生きていたのに、どうしてこの人が純祖の垂簾政治をするのよ!と怒りたくなります。^^

「漢城別曲」は1年前くらいにスカパーで見ましたが、その時はまだ正祖のことをよく知らないで見てました。
今再放送で視聴中ですが、アンネサンに男の色気を感じます。
Commented by hungmei at 2009-04-24 22:34
yummyさま いらっしゃいませ!

>正祖の母も正室もまだ生きていたのに、
>どうしてこの人が純祖の垂簾政治を

本当ですね。年功序列で上でも、純祖からみて祖母と嫡母を押しのけて曾祖母が垂簾聴政っておうのも釈然としませんね。これはお母さん恵嬪が「恨中録」書いちゃいそう。アン・ネサンさん、とっても好きな俳優さんだけに、ここで死んじゃうところが見ていて辛くって。コミカルなだけでなくシリアスもうまいんだなーとますます好きになりました^^

最近、仁粹大妃と綏嬪とで頭がごっちゃになってきます・・。名前が多いとややこしいですね。明聖王后って書いてあるときもあるし!
Commented by casanova at 2010-06-12 00:50 x
私もト・ジウォンとあったので、女人天下のあのイヤな女かと思いましたが、どー見ても顔が違うので、調べてみたら・・・やはり別人でした。あの女人天下のキョンビンママと実名が同じなので、芸名をト・ジヨンにしたらしいんですが、やはり実名が良いということで、ト・ジウォンに戻したそうです。
でも先輩のト・ジウォンさんのギャラが彼女の口座に振り込まれていたり、ちょっと困ってるそうです。
Commented by hungmei at 2010-06-14 01:10
こんにちはようこそ!

やはり違う方ですよね。情報ありがとうございますm(_ _)mキョンビンママのトジウォンさん、「女人天下」宣伝写真で出演作にこのドラマが表記されておりもどかしくあります…


鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

※このブログについて※
1越劇、黄梅戯、地方劇
2中韓古装電影・電視劇
3紅楼夢/ドラマ、書籍等
4ブログ関連書籍
5雑感など
電視劇

最新のコメント

オチアイさん ご教..
by hungmei at 19:48
香港ショウ・ブラザース黄..
by オチアイ at 18:22
返信遅れましてすみません..
by hungmei at 22:57
jiaは「架」ではないで..
by 行路人 at 00:05
アザハさま コメン..
by hungmei at 17:02
ご紹介をありがとうござい..
by アザハ at 00:34

記事ランキング

関連サイト