韓国時代劇「王と妃」186話(最終回)

 前回、「月山夫人の自害が見られなかった」と書きましたが、今回自害していました。そしてもちろん、月山夫人実弟の朴元宗、クーデターへの決意をあらたにします。また燕山君の義兄、普城大君の義父である慎守勤が必死に暴君をなだめていますが効果なし。燕山君は夜にインス大王大妃を思い出し、「母だけでなく元子(=燕山君のこと、182話と字幕が違う)も廃さなかったのが私の失敗だ!」で錯乱、寵愛する内官チャウォンを大王大妃と錯覚して刺殺。で、その後大変悔いるのですが、冒頭でもキム・チョソンを殺したことに「父王より余を愛してくれたのが」ど後悔の嵐でした。ならやんなきゃいーのに、もう狂気なのだあと・・・。



 また、ついに中宗反正が起こり普城大君が即位しますが、18歳で既婚のはずが髭なしの子役さんでかなり儚げです。義父(慎守勤)は殺され、「彼らは義父を殺した、義父は公正な人でした」と即位を拒む普城大君に、クーデターに参加した李長坤などは「もう殺生しない」と約束。しかしその後すぐ中殿となったばかりの正室・慎氏が廃妃(慎守勤の娘だから)、「女人天下」の冒頭シーンです!あれは夜だったけどこっちでは真昼間。中宗無念。また中宗は、燕山君を国葬にしようとしますが、大臣らの反対で取り下げ。母の貞顕王后も「王が決めた国葬に口を出すでない!」と怒りますが、中宗即位の経緯上、聞き入れてもらえるわけもなし。
 貞顕王后、息子の普城大君が即位となると嬉しそうで(笑)晴れ晴れとした表情をしたのは、燕山君の恐怖から解放されるからか、名誉欲からか(爆)。余談ですが、夫人を燕山君に強姦されクーデター決起した李将軍、お名前が「李長坤」だと判明。最初から出してくれればいいのに、ここ数回字幕がおかしかい(てにおは含む)。燕山君の流刑には側室が付添い、飯炊きまでなさっていました(感動)!ちなみに張緑水は処刑方法が変わっていて、宮廷外に引きずり出し→市民に投石さす→石で打たれ死亡。燕山君の遺体は中宗の意思に反して側室から取り上げられ、流刑地に埋葬され終。

 最後のドラマダイジェスト世祖即位→端宗殺害→インス大活躍→廃妃ユン氏登場!→ユン氏賜死、燕山君の暴政、数々の処刑→流刑地の高台から空を眺める燕山君・・は長かったなあと脱力しました。ただ180話の処刑劇がすごすぎたのか、演出のせいか、はたまたカットか、亡くなる人たちのラストがあっさりすぎて、なんか拍子抜け。
by hungmei | 2009-04-11 07:54 | 2中韓古装電影・電視劇 | Comments(1)
Commented by hungmei at 2009-04-11 19:22
チャウォンを殺した際の燕山君、剣を持ち出し「祖母を剖棺斬屍にする」とわめくのですが、どうも「私が不孝を重ねるほど普城に王位を渡しやすいだろう」となんか今までの復讐一辺倒から、だんだん破滅に向かって弱気になっています!ちょっとホロリ(あれだけ酷いことやってたけど)。流刑先では側室に「緑水はこうしてくれた」と赤ちゃんプレイを求めています。おおお。ま、ご飯をアーンで食べさせるというものですが。母に飢えてるのね・・。

また数話続くナレーションの燕山君擁護はまだ続き過剰かとも思えるほどで(母代わりの月山夫人陵辱はありえず中宗反正後の過剰な貶めとか)、ドラマの重要なコンセプトなのかなー。しかし最終話、けっこう展開が早くそれまでの決め細やかな描写からちょっと作りが荒っぽい気がしました。最終回で登場した側室も、それより前はほとんど目立たなかった気がしたんだけど・・。燕山君に忠誠を尽くすのはそれしかないからか過去に何かあったからか。月山夫人の自害もすごいアッサリしてたし(不満)。

それと朴元宗役の俳優さん、「女人天下」の趙光祖でした^^


鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

※このブログについて※
1越劇、黄梅戯、地方劇
2中韓古装電影・電視劇
3紅楼夢/ドラマ、書籍等
4ブログ関連書籍
5雑感など
電視劇

最新のコメント

オチアイさん ご教..
by hungmei at 19:48
香港ショウ・ブラザース黄..
by オチアイ at 18:22
返信遅れましてすみません..
by hungmei at 22:57
jiaは「架」ではないで..
by 行路人 at 00:05
アザハさま コメン..
by hungmei at 17:02
ご紹介をありがとうござい..
by アザハ at 00:34

記事ランキング

関連サイト