韓国ドラマ「パパ3人ママ1人」(2008)

d0095406_1302958.jpg  はじめ「恋人が3人いて、誰が父親かわからない」ラブコメかと思っていたんですが、全然違った。実は「夫が無精子症のため、妻に内緒で親友3人に精子提供を頼み妻はぶじ妊娠。しかし夫は交通事故死」という女親苦労話系のスタート。しかしラブコメというよみはあたり、精子提供をした3人だけでなく、のちのち知り合う男性にももてちゃうヒロインはすごい(妊婦リアリティなし)。見所はむしろ「誰が実の父親だろう・・」と困惑し、迷いつつもヒロインの育児を手伝う亡夫の親友で精子提供をした3人チームの奮闘。

・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ナヨン♀とソンミン♂は新婚。夫婦は子どもの誕生を待ちわびていたが、夫ソンミンの無精子症が発覚。ソンミンは妻ナヨンに内緒で親友ソヒョン・ギョンテ・グァンヒ3人に精子提供を頼む。困惑しながらも引き受ける3人だったが、ヨン妊娠中にソンミンが事故死。実父の借金まで抱えたナヨンは出産・育児に奮闘。またソヒョンらは精子提供をしたことと親友の遺児であることからナヨンを手伝い、娘ハソンを愛するように。ナヨンは建設会社コンパニオンを始め、チョン・チャニョンと出会う。また借金の抵当で家をとられ、ソヒョンら3人と同居開始。その後ナヨンは今度は新プロジェクトの一員にスカウト。保育園にハソンを預けるが、ギョンテの大反対で結局また3人が面倒を見ることに。しかしギョンテのせいでナヨンに精子提供がばれ同居は解消。またナヨンはチャニョンに誘われドバイ転属になり、スヒョンも婚約が整うが、二人ともそれらをキャンセル。また4人で同居を始め3年がたち・・(終)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ナヨンのあまりの妊婦リアリティのなさ(髪形メイクばっちり)に乗り切れず。それよりお見合い、恋人、仕事と自分の生活もありつつ「もしかして自分の子どもかも・・」とドキドキしながら育児するスヒョン、ギョンテ、グァンヒの慌てぶりが面白い。オムツがえをすることになって女子トイレに入り痴漢扱い、お見合い中のギョンテに娘を押し付け「こいついいやつだよ、付き合ってみて」と謎のフォローをする漫画家グァンヒがナイス。ギョンテと二人、ハソンを公園で遊ばせていてゲイカップルだと思われたり。しかし(一応)妊娠可能期である私が見ていると、「妊娠こえー、出産こえー、育児もっとこええー」という強い印象を受けました。登場人物みんな片親で苦労し、血縁がなくても育ての親、ってとこはよい。ドバイ行きに備えハソンにビデオレターを送る3人のパパの姿は涙。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ソン・ナヨン....ユジン
ソンミンの妻だが妊娠中に夫は交通事故で死亡。精子提供のことは知らない。出産の際に家族が出てこないと思ったら、夫とともにあまり家庭が幸せではなかったらしい。精子提供をした3人の助けで何とか出産するが、夫ソンミンが自分の父の借金を肩代わりしていたのを知る。その返済のため友人ジュニの紹介でコンパニオンの仕事を始め、チャニョンにアプローチされる。しかし家は抵当に入り、スヒョンらと4人で同居を始める。「頼るしかないんだから無理して騒動を大きくするな!」と思うけど実際この立場になったらまともな判断できなさそう。コンパニオンの仕事が終わったあと、チャニョンに新プロジェクトチームの一員としてスカウト。精子提供の話を知り同居を解消、父の家に住む。ラスト、チャニョンから誘われたドバイ栄転をドタキャン、再び4人で同居。(誰が父親かはコメント欄参照してください)。

※スヒョン、ギョンテ、グァンヒは同居、のちにユミンも一緒に住む※
ハン・スヒョン....チョ・ヒョンジェ
ソンミンの友人で証券会社代理。精子提供を頼まれた3人のうちの1人で、金に細かいため経理担当、グィアンヒに「おもちゃ類はお前が得意だから作れ」といったりも。しかし実はお金で苦労した過去によるもの。父子家庭育ちで、現在は痴呆症の父を介護施設に預けている。「ハソンはソンミンの子だ」と強調。ナヨン同居の際は自分の部屋を明け渡す。他の2人に比べハソン養育に消極的だったが、「パパ」と最初に呼ばれたのは彼。取引先社長令嬢とのお見合いで大変、彼女のハイソ趣味にいやいや付き合っており、婚約するも結局ドタキャン(お約束)。ラストではナヨンとの仲が暗示されるが、あまりにそれが描写不足で、「あ・・そうなの?」としばし呆然。それならギヨンテかグアンヒのどっちかの方がいいと思う。まあ出世のために会わない相手と結婚することをやめたのは良かったですね。

ナ・ファン・ギョンテ...シン・ソンロク
ソンミン友人で刑事。精子提供を頼まれた3人のうち1人。ぼさぼさ頭の体育会系、母子家庭で育ったためか、父の姓ファンと母の姓ナの両方を名乗る(いまどき~)。一番単純で熱血漢、ハソンを「俺の子に違いない」と信じ込む。しかし刑事という仕事柄なかなか手伝うのが大変で、有給を使い果たすクビになりかける。お見合い中にグァンヒからハソンを預けられ破談。ナユンの借金返済のために住宅積み立ても崩そうとし、ナユンを数日間でも同居させようと言い出しす。保育園に預けたハソンを取り返し、「俺らで面倒をみないと精子提供をナユンにばらすぞ!」と脅し、再び3人で面倒をみる。「パパ」と呼ばれたことを他の2人に秘密にする。ナヨンに惚れ、ギョンテ母に精子提供をばらしてしまう。がDNA鑑定の結果で意気消沈、ナヨンを諦めドバイ行きを見守るが。

チェ・グァンヒ....ジェヒ
ソンミン友人で漫画家。スヒョン、ギョンテと違い実家は金持ちで仕送りあり。しかし母子家庭なのはギョンテと一緒。精子提供を頼まれた3人のうちの1人。はじめ一番やる気がないが、自由業であるために一番育児を任される。ナユン同居の際には愛犬ミルクを手放し、保育園政策がボツになりますます負担が増え、恋人とも破局。しかしハソンの初めての歩きを見たのはこの人で、他の2人と母のナヨンに動画メールで報告。「お前らにハソンの何がわかる」と自負するが、「パパ」と呼ばれたのは最後。自分に気がある編集者に嫉妬され、原稿をボツにほされると落ち込み「俺はゴミだ~」とゴミ袋に入って収集車のおじさんを困らす。ナヨンを好きになるが、母からDNA鑑定の結果を聞かされ、落ち込みナヨンを諦める。

ファン・スンジャ...ヤン・ヒギョン
ギョンテの母で果物問屋。夫を亡くしている。「妊婦にいいものを」と聞いたギョンテから果物を頼まれると、職場へのお土産と勘違いし大量にトラックで搬入。乳腺マッサージを息子ギョンテから聞かれ「オマエ何をした!」と詰め寄る。親友の遺児だと知りマッサージを手伝うが、「親友の奥さんでも境界線を引きなさい!」と息子に忠告。その後もことあるごとに「子持ちの女はだめよ!」とギヨンテを静止しようとする。「ナ家はもともと子どもが少ないんだから、アンタがしっかりしなにと血が途絶えるよ!」と怒っている。精子提供の話を息子から聞きDNA鑑定するが結果はハズレ。ハソン1歳のお祝いにも出席し愛情が芽生え、「ナヨンさんは今は誰の嫁でもないんだから」と態度をかえ息子を応援するが・・。

ハソン
ナヨンとソンミンの娘・・だが生物学的父親は精子提供したソンミン友人のスヒョン・ギョンヒ・グァンテの誰か。彼女のナレーション「これは私の生まれる3年前のお話し」に始まり、生まれたばかりのハソンに感動する3人を見て「私を笑わそうとしてるの?ダサイからやめて」、ナヨンの子守唄に「お母さん、拷問だわ~」とかます語り部。3人をパパと認め、会いたがるようになる。だんだん毛が生え揃ってくるのがかわいい。2ヶ月ちょっとのドラマでどんどん育つので、子役は交代しているよう。彼女のウンコ話で盛り上がる3人パパはすごい。

チョン・ソンミン....ユン・サンヒョン
ナヨンの亡夫で建築家。ナヨンとの子どもを待ちわびていたが自分が無精子症だと知り、妻に内緒で親友のスヒョン・ギョンテ・グァンヒ3人に精子提供を頼む。妻ナヨンの妊娠直後に交通事故で死亡、実はナユンの父にお金を貸した帰りの事故であった。ナヨンとの娘ハソンにビデオレターを残し、親友3人は「もうナヨンを手伝うのはやめようぜ」とめげる度に彼の存在を思い出す。4人でよく行った行きつけのバーがある。

ソン・モンサン...イ・ヒド
ナヨンの父。外見から怪しく(パンチにサングラス)借金まみれ。しかもソンミンに借金を肩代わりさせており、ナヨンのもとへ借金取りが来る。パチンコ好き。のち改心、3人との同居を解消したナヨンと共に暮らす。ドバイ行きも応援してくれるが、結局ナヨンとハソンは3人のパパとの同居に戻る(それもかわいそう)。カタギになってからは工事現場で働き髪型も変化。この人のキャラもちょっととってつけた感が。

イ・ジンニョ...チャン・ジョンヒ
グァンヒの母。妊婦によい食べ物を息子に聞かれ「でかした!デキちゃったのね♪」と喜ぶセレブマダム。ギョンテの母スンジャと以前からの知り合いらしい。宝石店を経営。ナヨンの借金返済のため、息子がネックレスをがめると激怒。しかしハソンの1歳の誕生日祝いなど、喜んで出席していた。ギョンテ母経由で精子提供の話を知ると急いで息子とのDNA鑑定をするが、ハズレてがっかり。

ハン・ボンス...パク・チリョン
スヒョンの父。介護施設に入っており痴呆症。スヒョンを息子だとわかっていない。しかし「俺が守衛をしていた40年間、うちの息子ほど優秀な生徒はいなかった、ソウル大だぞ!」が口癖。「朝の鐘が鳴るよ~♪」といつも歌っている。たまたま居合わせた(偶然過ぎる)ナヨンとハソンを「うちの嫁と孫」と思込み、息子が取引先令嬢の婚約者を連れてきても「息子にはもう嫁と孫が居る」と主張。

ナム・ジョンヒ...チョン・ソミン
女性警官でギョンテの同僚、ギョンテが好きな23歳。オムツとミルクをとりにナヨンの家へ侵入したところ捕まったスヒョンの調書をとる。ナヨンが行方知れずになり不法にGPS捜索を使ったギョンテの所行を上司にチクり、パスタを食べながら弁解。ギョンテが職場にハソンを連れてくると、はしゃぐ同僚をよそに呆れている。しかしギヨンテの怪我がきっかけでナヨンと話し、ナヨンからギヨンテのことを頼まれる。

チョン・チャニョン...チュ・サンウク
ナヨンがはじめたコンパニオンのバイトで知り合った建設会社の社員。ナヨンに一目ぼれ。実は会長の息子で御曹司(この設定飽きた)。長兄と後継者争いでもめている。分譲マンションの新プロジェクトにナヨンを誘うが、明らかに彼女を狙っている。ラスト、ナユンをハソン連れでドバイ栄転に誘うがドタキャンされる。

チャン・ジュミ...コ・ドヨン
ナヨンの友人。借金取りに追われ、仕事もなくさまよっていたナヨンに仕事を紹介する。しかし既婚者・子持ち採用はNGなため、「これは秘密ね」と念を押す。実は2人の子持ちでバツイチ、その経験からナヨンをいろいろとサポートしてくれる。

パク・ソヨン...キム・ビヌ
スヒョンの恋人でギャラリーキュレーター(って、どんな仕事?)。取引先令嬢。趣味がおハイソでスヒョンはいつもムリして付き合っている。有機農法野菜やアロマストーンエステが好き。印象に残らない人。
by hungmei | 2009-03-23 07:07 | 5雑感など | Comments(2)
Commented by hungmei at 2009-03-23 21:51
いつもネタバレのレビューですが、さすがにここまでバラしてはと思い、コメント欄に書きます。ご注意下さい!

ラスト、実はハソンは亡夫ソンミンの子とわかり(3人ともDNA鑑定をしたが全員結果は親子ではなかったため)、「じゃあナヨンを諦めることない!」というシーンで終。ハソンのナレーションによるとスヒョンにのみナヨンは特別な笑顔を向けるそう。でもなぜスヒョンか描写が少なくて、ラブラインが出てくる12話以降は微妙。

また「こんな育児に目覚めてくれるダンナいたらいいよなあ」と思う。目覚めるタイプの人もいるだろうけど、身近で育児を見てると個人差あるみたいだし、3人ともってすごい!あとナユンの思わせぶりな態度にイライラ(嫉妬)。一線を引くべきはナヨンでは笑。保育園育ちの私にはギヨンテが「こんなところに預けられない」と自宅保育に戻すあたりもちょっとムカッ(私怨)。でも、今まで私が見た中で韓国ドラマは育ての親より産みの親みたいな印象があって、それをひっくり返してくれただけでもお気に入りです。
Commented by hungmei at 2009-03-23 23:50
あと韓国で最近、「父方の姓+母方の姓+名前」とつけることがある、と聞いていたのですが、ここではギョンテが実行していて驚きました。母子家庭に育っただけに母の姓にも矜持があったんでしょうか。お母さんはやはり父方の家の嫁意識バリバリで、そんな息子を特にどうとも思っていないようでしたが。。。


鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

※このブログについて※
1越劇、黄梅戯、地方劇
2中韓古装電影・電視劇
3紅楼夢/ドラマ、書籍等
4ブログ関連書籍
5雑感など
電視劇

最新のコメント

オチアイさん ご教..
by hungmei at 19:48
香港ショウ・ブラザース黄..
by オチアイ at 18:22
返信遅れましてすみません..
by hungmei at 22:57
jiaは「架」ではないで..
by 行路人 at 00:05
アザハさま コメン..
by hungmei at 17:02
ご紹介をありがとうござい..
by アザハ at 00:34

記事ランキング

関連サイト