韓国ドラマ「ラスト・スキャンダル」(2008)



  「星に願いを」など、90年代を代表するトップ女優チェ・ジンシルと、「マイ・ボス・マイ・ヒーロー」でブレイクしたチョン・ジュノ主演によるアラフォーラブコメ。韓国ラブコメらしく(?)シモネタも満載で、笑って泣ける娯楽作品。主人公の二人は39歳でもうすぐ不惑のはずが、全くそれどころじゃない人生。初恋同士の二人が、20年ぶりに再会してみると、お互い信じられないほど変貌していた・・・!という冒頭のツカミはばっちりのドラマ。中盤、予想された出生の秘密攻撃&まさかの四画関係で「ええええ」と思いつつ、一気に見てしまいました。チェ・ジンシルはこれが遺作となってしまい(08年10月永眠)、笑って見られるのか不安なスタートでしたが、さすがの出来栄え!ラブコメ+親子愛も大きなテーマのドラマです。

・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 39歳のホン・ソニ♀は、夫が事業に失敗しアルバイトに励む日々、しかもおばさんパーマにダサい服。ある日夫が逮捕されてしまい、保釈金の捻出に躍起になる。そこで思いがけず、高校時代の同級生で初恋の人・ドンチョルと出会う。ドンチョルはソン・ジェビンという芸名でスターとなっていたが、20年ぶりの再会に落胆。しかしソニは成行きでドンチョルと兄・甥の暮らす家の住込家政婦として働くことに。そしてドンチョルもソニに惹かれ始める。ソニの夫は金持ちマダムに気に入られ、彼女の出資でワインバーを経営。自分を信じきっているソニを騙して離婚。しかしソニがそれに気づき、ソニと夫とドンチョルは複雑な関係に。しかもそこにドンチョル兄もがソニを好きになる。いっぽう映画スターでドンチョルの昔の恋人・ナユンがアメリカから帰国、復縁を迫る。実は彼女はフンの母で相手はドンチョル、弟のスター生命を案じた兄が自分の子として育てた。絡み合う恋愛関係/親子関係だが、最後はソニ・ドンチョル・ジミン・フンの四人家族で新しい門出。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 しょっぱな一話からソニの閉経、保険金のために受けようとした尿漏れ手術と間違って受けた膣縮小手術など、韓国ドラマらしい(?)ハイパワーで迫ってくる衝撃的幕開け。フンがナユンの子というのはナユン初登場のときからバレッバレだったんだけど、意外にドンファとの父子の情があつくちょろっと涙させられるところも。しかし突然中学生の親になったドンチョルですが、わがまま邦題、仕事はサボる、付き人や家政婦はいじめるでとても39歳らしくない・・・(フンにも子どもだなって指摘されてるし)。アラフォーのラブコメというだけでなく、ソニが子持ちに加えドンチョルまで同い年の子が・・!という中盤に驚き。しかもその前、ドンファもソニに惹かれるから、ソニもてまくりのハーレム状態。夢のようだなーと思うけど作り物っぽさを感じない楽しさがありました。しかしジミンとフンははじめラブっぽい感じがしたのですが、ドンチョルとソニが結婚したらきょうだいだよね。そこだけが気がかりで・・(いらん世話ですが)。二人とも親がいろいろ大変なのにすごいいい子。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ほかの動画はこちらyoutube



ホン・ソニ....チェ・ジンシル
 爆発パーマに変な眼鏡、ダサい服とおばさん全開で登場。高校時代はアナ・チョコレートのCMにも出た才色兼備だったが、大学受験に失敗し初恋のドンチョルの前から姿を消す。20年後、夫の事業失敗・逮捕で生活は逼迫し、バイトに奔走する日々、ソニにドンチョルからの電話が。「お前なんか対象外だ!」と逃げられそうになるが、身売りしようとしているところをドンチョル兄のドンファに見つかり、ソニが新しい家政婦と嘘をついたことから実際に雇われる。ドンファの息子フンに気に入られ、チョン家での地位を確立。夫を信じようとし、ドンチョルのアプローチも避けるが、夫の不倫を知り縁切り。ドンチョルの交際宣言で娘ジミンとも気まずくなるが、ジミンも父に見切りをつけソニのもとに帰ってくる。中盤からドンチョル、ドンファ、元夫ともてまくりの39歳。ちなみに4話からはパーマがなくなって綺麗になります♪

ソン・ジェビン(チャン・ドンチョル)....チャン・ジュノ
 39歳だが32歳と年齢詐称しているスター。初恋の人が恋しくなり、会ってみればものすごいオバサンで落胆。しかし逼迫した経済状況をみて、家政婦として雇うことをしぶしぶ承諾。しかしどんどんソニに惹かれてゆき、「おばさん、食事!」と自宅内でもトランシーバを放さずソニを拘束、仕事もサボってソニとデートしたりソニを尾行したり、実は暇なのか?ソニの結婚記念日を間違って誕生日と祝おうとしたり、離婚記念ケーキでお祝いしたり、お気に入りの地下室で何かとソニを構う駄々っ子。最後、実はフンが自分の息子と知り、ナユンとの関係・息子の存在・ソニを愛しているとまとめて引退会見。そして最後のファンミーティング&結婚式を行うが、かえって人気を確立してゆく。ここでのチャン・ジュノは愛情表現がストレートで、(年上だけど)すごく可愛くて笑えました。おなかが弱くて「うんこパンツ」の秘密をソニに握られている。

アン・ジミン....ハン・ボベ
 ソニとユシクの娘。中学生。ドンチョルの大ファンで、はじめはソニから入手したドンチョルの服をネットで売りドンファに知られてから危機に陥るが、なんと親子ともどもドンチョル家へ住み込むことになる幸運な女性。ラスト、ユシクに向かい「私と暮らしてくれる?」と問い、だめだめ回答しか出来ないユシク父を見放す。ドンチョルが引退会見で明かした好きな女性が母と知り一時はショックを受けるが、最後は和解する。自分より背の低いフンに「お姉さんと思って!」とか、ドンチョルをもひるませる猛烈アプローチなど、コメディエンヌ。見ていて煩いという人もいそうですが、私は彼女の明るさ(とうるささ・笑)大好きです!

チャン・ドンファ...チョン・ウンイン
 ドンチョルの実兄でプロダクションの社長。幼児性の強いドンチョルとは正反対な紳士。息子のフンがいるが、実はナユンとドンチョルの子ども。10年前、ドンチョルの芸能人生命を考え、ナユンと一時的に恋人のふりをしてフンを自分の息子にする。はじめ冷徹な経営者という感じだったが、ソニに惹かれデートに誘ったり靴をプレゼントしたり、息子として育ててきたフンへの事実の宣告を通し、家族思いのアツい人だということがわかる。それまで弟ドンチョルと息子フン(と家政婦ソニとその娘ジミン)と同居していたが、引退会見騒ぎ→ソニとドンチョルとの結婚で一人暮らしに。ソニに同居を進められ「義父という立場は辛い」といっていた(お父さん二人でもいいじゃん!)ラスト、小説家と恋に落ちる予感で救われました。

イ・ナユン....ピョン・ジョンス
 映画スターでドンチョル・ドンファの元恋人。10年ぶりにアメリカから帰国した。実はフンの母であり、その相手はドンチョル。弟を心配した兄のドンファが母親も実の父親も隠してフンを実子として育てていた。帰ってきてからはあからさまにドンチョルにアプローチ、ドンファからけん制される。またフンにも構おうとし、ソニの存在を邪険にし何かと割込んでくる。最後にはドンチョルと息子のことを暴露しようとするが、ドンチョルの引退会見&ファンミ・結婚式で完全に負け。大人しく引き下がり、フンと空港で抱き合ってから出国。

アン・ユシク...キム・ビョンセ
 ソニの夫。事業に失敗し逮捕され、保釈金がいるところ、仕事で知り合ったセレブマダムの誘いに乗ってソニを捨て、マダムの夫&共同経営者に。マダムとドンファは付き合いがあり、そのバーでソニとすれ違うが、せこい男でソニに事実を打ち明けらない。「借金のため偽装離婚」とソニを騙し離婚届に判を押させるが、マダムとの婚約式がソニにばれ開き直る。それらを知っているドンチョルから目をつけられ、何かといじめられる(笑)。最後は娘にまで見放されるダメ夫・ダメ父だが、マダムとバカップルぶりは健在。がんばってくれ!

チャン・フン....イ・インソン
 ドンファの息子でジミンと同い年・・と思いきや、実はナユンとドンチョルの息子だった(つまりドンファは父でなく叔父)。年齢の割りに背が低くそれを気にしている。母がいないことで不憫がられても、ドンファを信頼し平気と言っていたが、実は叔父と思っていたドンチョルが実父と知りショックを受ける。でもドンファ似の理性的な子で、比較的すぐ現実を受け入れていた。ジミンとともにこういう子どもなら親も嬉しいでしょうね。

ソ・ウォンタク...アン・イルグォン
 ドンチョルの元マネージャーで、現在はプロダクション室長。ソニを家政婦として雇うかチョン家の家族会議(使用人含む)が開かれたとき、フンとともに雇うほうに票を入れてくれた。地方出身で手作り料理に飢えているらしい。この人と、体育会系の付き人スホとのユーモラスな演技は面白かった。ドンチョルからソニのスパイを頼まれたことも。もっと出番がほしい!

ミンジュの母....イ・ヨンジャ
 最初のほうと最後ちょっとしか出番がないが、いかにもな「アジュンマ(おばさん)」。ソニのエキストラ仲間で、姑から口汚くののしられるソニを庇う一面も。ソニの恋人がドンチョルと知り大喜び、この人とソニのおばさんトークは面白い!もっと出番がほしいぞ!

スホ.....イ・スホ 
 ウォンタクと常にセットのドンチョルの付き人。除隊直後で、挨拶すべてが軍隊調で声がデカイ。引退会見ではウォンタクと「田舎に帰るか」とうなだれたが、ドンチョル復帰でめでたし^^
by hungmei | 2009-03-19 21:01 | 5雑感など | Comments(1)
Commented by hungmei at 2009-03-19 23:40
ジミン役のハン・ボベと、フン役のイ・インソンの子役ぶりはうまくて、韓国の子役ってなんかすごくない・・?と改めて思いました。インソンは快刀ホンギルドンなんかにも出ているらしい。要チェック!大きい目が可愛いです。ボベはチャングムにも出てたらしい。気づかなかった・・。ところでこのドラマ、KNTV放送時「私の生涯最後のスキャンダル」で、DVDでは「ラスト・スキャンダル」です。なんか違うの?原題は「Last Scandal of My Life」だから、どっちもあってるけど。

途中、ドンファまでソニを好きになるあたり、「それはどーか」とも思いましたが、ドンチョルの突っ走る幼児性(なんと高校時代の制服を着てソニを驚かし、机や弁当まで用意して高校時代を再現。ここまでやればアホでもバカでもなくみあげたもんです・・)と、キャラクターのパワーにぐんぐん押されてあっという間に見てしまいました。もっと味わってみればよかった。ちょっと掘り下げ方が浅いのもあるけど、湧き上がってくる力強さにノックアウトです。チェ・ジンシルさん、私は名前しか知らずこのドラマで初めて演技を拝見しましたが、ご冥福をお祈りしています。第二弾もあるという噂だったのに、とても残念!


鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

※このブログについて※
1越劇、黄梅戯、地方劇
2中韓古装電影・電視劇
3紅楼夢/ドラマ、書籍等
4ブログ関連書籍
5雑感など
電視劇

最新のコメント

オチアイさん ご教..
by hungmei at 19:48
香港ショウ・ブラザース黄..
by オチアイ at 18:22
返信遅れましてすみません..
by hungmei at 22:57
jiaは「架」ではないで..
by 行路人 at 00:05
アザハさま コメン..
by hungmei at 17:02
ご紹介をありがとうござい..
by アザハ at 00:34

記事ランキング

関連サイト