黄梅戯『貂蝉』(湖北省黄梅戯劇団)

d0095406_17364783.jpg  1990年10月。連続6集黄梅戯TVドラマで「美女連環の計」の話。古代を扱った戯曲は苦手ですが、『血泪恩仇録』で主人公の楊俊さんが美しくて見てみました。今は安徽省が本場かもしれませんが、黄梅戯発祥の湖北省黄梅戯劇団演出、湖北省黄罓地区行署文化局協力で協賛企業の名前がたくさん。史実に沿った古代衣装も見もの。

主題歌演唱:余鳳蘭、演奏:湖北省黄梅戯劇団楽団
声腔指導:時応遠、主胡:朱飛撤、司鼓:張徳華

 主題歌は思わず『康熙王朝』、『雍正王朝』を思い出す中国大河ドラマ正統派テイスト。『血泪恩仇録』とともに年代に対して相当お金がかかっている印象。今見てもまったく遜色がありません。

・・・・・あらすじ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【第1話】貂蝉の幼少時代。群雄割拠の時代、貂蝉の祖父(?)は高官であったが、
     勢力争いに破れ皇帝の目の前で刺殺される。皇位争いも血が絶えない。

【第2話】王允が泣く泣く貂蝉を政権争いに使う。貂蝉は不本意ながら従う。
     貂蝉と呂布が初対面を果たし、呂布に差し出されることになる。
     
【第3話】今度はセクシー群舞とともにスケスケ衣装で貂蝉が董卓を魅了。同衾する。
     しかし義理の息子になる呂布と心通じ、庭で密会する姿を見つかってしまう。
     
【第4話】またしても政変が起き、皇帝の眼前で太師が殺され、生首がさらされる。
     董卓が殺され、貂蝉が呂布と結婚し夫人となる。新婚の様子は赤面。

【第5話】呂布・王允は内戦に破れ、献帝の前で王允は柱に頭をぶつけ自殺する。
     貂蝉がひそかに呂布のもとを逃れ、道中、晒された父の首を見て嘆く。

【第6話】呂布と貂蝉が再会。貂蝉は自らの出自と董・呂親子に近づいた真相を話す。
     最後は夫妻ともども酒におぼれ、呂布は処刑。貂蝉はどーなったんだか不明。

・・・キャスト、スタッフ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
貂 蝉....楊 俊
 はじめは太眉、Y髷の「貂児」として登場、食べられる前の果実といった感じ。小蜒の歌で「28歳」と言われていたけど、18歳の間違い?戦地で実の両親を失い、王允に養育された。実母にそっくりらしく、養父思いの孝行娘。董卓の側妻にあがってからの髪型変化がすごい。呂布とも通じ親子の間に溝を作るが、最後は呂布に自らの出自(王允の実子でなく侍女だったこと)や近づいた意図を暴露し、愛し合うように。呂布が処刑されてからは遺体を清めていた。

王 允.....張春来
 貂蝉の養父。イメージと違ってやさしくて娘と仲がよいお父さん。貂蝉が作ってきた料理を間違って取り落としてしまい、「該死!該死!」と自分で自分の頬をビンタしたりなんか明らかに乱世に損しそうな人。董卓に娘の貂蝉を献上する羽目になるが、呂布にも期待を持たせ、諌めるフリしてかえって親子の間に楔を打ち込む。最後は反漢勢力に追い詰められ自殺。

呂 布.....張 輝
  美女群に囲まれお酒を過ごす、英雄色好み。董卓の義理の息子。無愛想。顔はいいけど粗暴。『血泪恩仇録』にも主演、2006年CCTV戯曲晩会にも出ているベテランさん。このときは若いけどやっぱり声は同じ。さすがプロ『血泪』で誠実な役の印象が強かったけど、ここではキレ気味、暴走する呂布を見事に演じていた。密会が即バレであんまり頭よくなさそう。

劉[各の下が口でなく田]....王国強、劉[りっしんべんに蘇]...楊東亮
 漢13代皇帝と、その異母弟の14代皇帝。父は12代霊帝で、それぞれ母は何太后、王美人。兄は董卓に廃位・降格された上、李儒に毒を飲まされ死ぬ。その後、弟は献帝となる。幼児。実は字体からどっちがどっちだか判別つかなかったので、並べて表記しました。

董 卓.....胡慶樹
 ひげもじゃ悪役のおじさん。呂布の義父。風呂では美女に肩たたきをさせ、セクシー群舞をはべらせ、まさにスケベ親父を体現。この人のお風呂シーンだの腹だしで昼寝シーンだの実は一番露出が多い。そのうち殺される。
 
唐 妃.....蔡 娟
 殺された兄帝(それでも少年だ)の側室。まだ幼女といってもいいくらい。王侯の后のわりに服装が貧乏くさい。夫の命乞いをするが聞き入れられない。かわいそー。

蔡[「く」が三つに下は巴]....楊 軍
 殺された太師の死を悼む唯一のキャラとして登場。ガリガリの髭おじさん。珍しく歌の出番があった。にしてもおじさん濃度の高い演目だった。おなかいっぱい。

小 蜒....陳 虹
 貂蝉の妹(貂蝉を「姐姐」と呼ぶ)。老けてんだか若いのかよくわからない地味顔だが笑顔が可愛らしい。意外にドラマ初の歌はこの人でよく歌う。始めしか出番がないのが残念。

何太后....劉麗華
 蛾眉が美しい霊帝の皇后。綺麗だった。董太后や王美人らと対立してきた、最後の外戚。

李 儒.....張厚仁
 董卓が健在の頃の漢の臣下。幼帝に毒を飲ませ、唐妃を拘束する。

陳 宮....邵永澄
 イケメンでした。それだけ。曹操の部下だが仲がよろしくない。呂布と密談していた。

董 母....梁福[至秦]
 4話に一瞬だけ出てくる。董卓の死を知り、義孫の呂布を苦々しく思うオカン。

袁 紹....趙克強
 のちのち曹操に敗れる人(だったよような)。ちょこっとだけ出てくる。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 宮廷や戦場シーンなど、演出も背景も立派で思わず嘆息しました。でも、ちゃんと謎の水着風セクシースーツでの群舞があったりして、一気に黄梅戯らしくなる(ほめ言葉です)。せっかく貂蝉に関するエピソードが6話あるのに、字幕がないのとあまり理解し切れていません。いつも最初からムンムン美人として登場する貂蝉の初々しい頃が見られたのは面白かった。たださすが三国志で人は多いわやったら死ぬわ、第一話冒頭の公開処刑シーンなどはなはだしく私の好みでなくきつかった。英雄と傾城の美女、ってほとんどというか全くそそられない組合せ・・・。でも思ったより楽しめたのがラッキー。ショウブラの貂蝉よりは自主性のあるヒロインでした。
・・・・その他の登場易人物・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【配像演員】
李 粛....高一凡、丁 管....段克険
李[にんべんに確の左部分]...呉正漢
曹 操.....徐為平、関 羽....鐘鳴和
張 飛....程力[耕の右が雲]、劉 辮.....李 力
龍 舒.....芳保良、盧 植....張軍耀、張 温....王恩莱
袁 術....呉招才、丁 原....胡錦生、陳 圭....林華生
陳 登....李 華、紀 灵....劉耀堂、張 済....李南順、
郭[さんずいに己]....孔 明、樊 稠.....李先才

【配音演員】
柳 棣、管 偉、張春来、付邵業、王 雷、路 羽、李 京、林 蘭
by hungmei | 2008-12-18 08:48 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(1)
Commented by hungmei at 2008-12-20 22:43
今回、字幕はないわ三国志は知らないわでひやひやしながら書きました。でも予想よりは面白くてもうけた。楊俊さんは『血泪』の方が美人です。皇帝の名前がわからなくて苦戦。主題歌は「我不是爾、爾不是我~」と、呂布と貂蝉との愛憎シーンにも繋がる内容らしいけど、初めて聞いたら「そりゃそーだろ」としか思えなかった。ちょっと笑えました(文学オンチなんで・・)。一応、貂蝉と呂布の悲恋ものっぽかったと思う。


鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

※このブログについて※
1越劇、黄梅戯、地方劇
2中韓古装電影・電視劇
3紅楼夢/ドラマ、書籍等
4ブログ関連書籍
5雑感など
電視劇

最新のコメント

オチアイさん ご教..
by hungmei at 19:48
香港ショウ・ブラザース黄..
by オチアイ at 18:22
返信遅れましてすみません..
by hungmei at 22:57
jiaは「架」ではないで..
by 行路人 at 00:05
アザハさま コメン..
by hungmei at 17:02
ご紹介をありがとうござい..
by アザハ at 00:34

記事ランキング

関連サイト