越劇『啼笑因縁』

d0095406_19432010.jpg














  上海越劇院紅楼劇団演出。第一団は越劇王子・趙志剛のいる男女合演チームですが、「紅楼」の名を冠するこちらの第二団は女優のみ。現代劇の名作、恨水同原作の小説をもとにした1924年ごろ、民国期が舞台の身分違いのカップルによる悲恋物語です。黄梅戯のTVドラマで面白かったのですが、こちらは越劇の舞台版。

-----キャスト--------------------------------------------
沈鳳喜(飾:方亜芬)
 北京の路上の大道芸人の娘。樊家[木対]とお互い一目ぼれ、相愛になるが、劉将軍の妾にいれられ、不当な扱いと樊家[木対]への思いがいきづまり発狂、精神病院に入る。方亜芬だと、私のイメージより大人っぽい感じでした。妖艶というか。舞台化粧のせい?

樊家[木対](飾;銭恵麗)
 勉強のため北京にやってきた大学生。沈鳳喜と相愛になるが、劉将軍の妾になったことで断絶。その後も思い続け逢瀬を重ねるが、鳳喜が発狂。金持ちボンボンだけど意外に誠実なのは越劇ならではか。銭の短髪ヅラは初見でしたが意外に平気でした。

関秀姑(飾:徐玉萍)
 大道芸人の関寿峰団長の娘。武技に長け、にらみの聞く姐御タイプ。鳳喜を虐げた劉将軍に復讐するため、父と図って新しい妾となって屋敷に入り、将軍を殺す。

劉将軍(飾:金 紅)
 軍閥の将軍。沈鳳喜を強引に妾に入れるが、その振る舞いは野蛮で、ついに彼女を発狂させる。最後は関親子に殺される。なんとハゲヅラ!金紅は呉小楼の弟子で『紅楼夢』の賈政などが得意な女優さん。『梁祝』の祝公や『盤夫索夫』の厳世藩など悪役が多い。

関寿峰(飾:章海灵)
 大道芸人の団長。老旦も老生もおまかせの章は笑い声が印象的です。鳳喜の復讐のため娘とはかって劉将軍を殺害。精神病院に入った鳳喜の世話やそれを悲しむ樊家[木対]のフォローなど苦労人のひげおじさん。

沈三弦(飾:沈[王涼][王涼])
 沈鳳喜の姐で劉将軍の妾。八代亜紀似。姐を訪問したことで鳳喜は劉に見初められる。

沈大娘(飾:郁利群)→沈鳳喜の母。ほか、
黄鶴声(飾:劉 軍)、雅 琴(飾:胡敏華)、尚師長(飾:崔 薇)、
楊媽、劉福等(飾:本団演員)
-----------------------------------------------------
 沈鳳喜と樊家[木対]の初対面で歌っていたのが林黛玉に関した唄だったり、小ネタが楽しいです。全く期待せず見たのですが(むしろ悲劇嫌い、現代劇嫌いなので、めんどくさいなって思ってみた笑)、二人の一目ぼれシーンなど意外や意外おもしろかったです。いまどきこんな少女漫画みたいな!という。黄梅戯ですと、沈の死後、大家の令嬢と結婚する金持ち樊家[木対]ですが、ここではそれがなく、越劇魂を感じさせます。
by hungmei | 2008-09-22 19:40 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(0)


鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

※このブログについて※
1越劇、黄梅戯、地方劇
2中韓古装電影・電視劇
3紅楼夢/ドラマ、書籍等
4ブログ関連書籍
5雑感など
電視劇

最新のコメント

オチアイさん ご教..
by hungmei at 19:48
香港ショウ・ブラザース黄..
by オチアイ at 18:22
返信遅れましてすみません..
by hungmei at 22:57
jiaは「架」ではないで..
by 行路人 at 00:05
アザハさま コメン..
by hungmei at 17:02
ご紹介をありがとうござい..
by アザハ at 00:34

記事ランキング

関連サイト