越劇・徐玉蘭芸術集錦『彩楼記』、『関漢卿』、『西園記』

  普通の折子戯(名場面ダイジェスト)かと思ったら、名優・徐玉蘭の選集テレビ番組のVCD化のようです。徐は『紅楼夢』で賈宝玉を演じ、黛玉役の王文娟と共演を重ねた名コンビ。冒頭には徐玉蘭本人の秘話インタビュー入り。「関漢卿」は往時の音源に合わせ、本人による音配像。「西園記」は電影からの転載です。文革で抑圧されたシーンがちょこっとあり、迫害でご主人を亡くされた苦労が偲ばれます。

『彩楼記』から「評雪辨踪」
 宋代。呂蒙正♂と劉月娥の新婚夫婦による痴話げんかの一段。お嬢様の劉はお嬢様だったが、両親の反対も押し切り、縁あって見初めた貧乏書生の呂と結婚。貧乏ながら楽しい新婚生活が描かれ、妻の浮気疑惑が誤解だとわかり、二人でニヤニヤするシーンです。

『関漢卿』から「獄中」
 元代。戯曲作家の関漢卿♂は名作『とう娥冤』を執筆するが、その内容から有力政治家より妨害にあい、ついには投獄されることに。田漢の話劇が原作。尹桂芳も出ていました。前の作品とは一変し暗い獄中での悲壮な覚悟を歌ったまじめなシーン。本物のおじさんみたい。

『西園記』より「祭王珍」
 1980年の映画版より。趙府に寄宿する張継華♂は、相思相愛の王玉真が死んだと勘違いし、夜に隠れて供養する。それを垣間見た玉真の侍女・香君は発奮し二人の仲を取り持つ。男性と侍女のかみ合わない掛合が楽しい、中国戯曲らしい能天気なドタバタ劇。
 
 徐玉蘭の自伝についての過去記事

------------------------------------------------------------
  徐さんが越劇を始めた1930年代は女優業=醜業とされ、長女なのもあり祖母に強く反対されたそうですが、それでも東安舞台へ。ご本人の普通話はやはり南方人ぽいしゃべりで、より若い越劇女優さんと比べると特に顕著です。インタビューでは、田漢の書いた「関漢卿」を見て、越劇でも悲劇をやろうと決めたのがきっかけと語っていました。やっぱり越劇のデフォルトは喜劇なんでしょうね。『西園記』では侍女役の孟莉英(『紅楼夢』紫鵑役で有名)や、徐天紅(同じく賈政役)もよいです!

d0095406_0291285.jpg

by hungmei | 2008-08-30 00:15 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(1)
Commented by hungmei at 2008-08-30 23:09
徐さんのご活躍はもちろんですが、いつも、パートナーの王文娟さんの扱いが低い気がします。傳全香とか、袁雪芬とか、もっと他の人と同じくらいプッシュされてもいいと思うんだけど。微妙に年下だからでしょうか・・

このVCD、番組のソフト化だけあって、「徐玉蘭芸術集錦」第一回、第七回になっています。


鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

※このブログについて※
1越劇、黄梅戯、地方劇
2中韓古装電影・電視劇
3紅楼夢/ドラマ、書籍等
4ブログ関連書籍
5雑感など
電視劇

最新のコメント

オチアイさん ご教..
by hungmei at 19:48
香港ショウ・ブラザース黄..
by オチアイ at 18:22
返信遅れましてすみません..
by hungmei at 22:57
jiaは「架」ではないで..
by 行路人 at 00:05
アザハさま コメン..
by hungmei at 17:02
ご紹介をありがとうござい..
by アザハ at 00:34

記事ランキング

関連サイト