歴届春節戯曲晩会-難忘今宵(2)2000-2006

(1)の続きです。こちらは2000-2006年版。

書虫での取り扱いページ
 最近値下げしたようです。請求が来た時、見積もりより安かったので驚いたら値引きのせいでした。書虫のページでジャケット写真が1991-1999年版(赤)のになっているが、現品は黄色で違う外装です。98年版から初めて歌以外にも字幕がついています。感動!
 演出や番組の構成も、固定していくのがわかります。2000年ごろから派手さが増し群舞や背景が進化しすぎ、黄梅戯にはいいが越劇には不釣合いな気がします。晩会の黄梅戯に関しては韓再芬の優位がすごい。91年-06年でずっと主役。もしかして単に後進の人数のせい?越劇は蕭雅が大活躍以外はそれなりに変化します。

----越劇------------------------------------------------------------------------------
00年、「一枝梅」、蕭雅、董美華。
     年のせいか背景絵がとんでもない事になっていて、越劇とミスマッチ。
    「呉王悲歌」、呉鳳花、陳飛。
     上海越劇院が優勢の晩会に浙江紹興小百花越劇団登場?結構よかった。
01年、「五女拜寿」、浙江紹興小百花越劇団演出。裘丹莉、董監鴻など。
      旧事ふうの水面に接した舞台からの中継。お金かかってそう!新じゃないのか?
     「盤妻索妻・洞房」、蕭雅、劉偉。
     尹派でおなじみ名作。洞房の真っ赤な装飾はいつ見てもかわいいです。
02年、「早春二月」、蕭雅。双人舞:孫暁娟、王子涵。
     民国期を題材にした新作。スーツ姿の小生はタカラヅカのよう。
     演出単位が中国歌劇舞踏院になっていました。中年女性の激しい恋を描く。
     「梁山伯与祝英台」、謝群英、陳雪萍、徐銘、周序俊。      
     4人の演員で2組を演じ、役者さんが次世代になってきた感じ。
03年、「何文秀」、蕭雅。
     尹派の名劇。晩会には蕭雅が大活躍ですね。「桑園訪妻」でノリノリ。見ごたえ○。
     小堤琴、バレエ、越劇「梁祝」、呉鳳花、陳芸。
   数年前バイオリン曲「梁祝」がヒットしましたが、その流れみたい。
       バレエは予想通りですが、他の演員さんも化粧特盛りで、うーん・・。
04年、「盤妻」、蕭雅、呉海麗。
     古典。でもシンプルでやっぱり越劇はいいなと思います。妻を口説き落とす夫。
    「九斤姑娘」、周奇、陳明水。
     コミカルで方言多用の吕瑞英、张桂凤ら代表作。姑娘役はまだ子どもの俳優。
     声が幼すぎて、どうも個人的には・・。お父さんとかわいいコンビですが。
  05年、「梁祝」、王志萍、黄慧等。
     06年には新作「春香伝」で共演している二人。普通と違う衣装で、蝶の群舞とにか
     く斬新なバラード。並ぶとどうみても王が頼れるお姉さん。二人の前説もあります。
    「紅楼夢」、蕭雅。 
     スーツでゲスト席から唄うという旧来の晩会形式みたい。尹派の「金玉良縁」
     で、「妹妹啊・・」のところはお師匠さんを彷彿とさせられます。古典は素晴らしい。
           
----黄梅戯----------------------------------------------------------------------
00年、「王昭君」、韓再芬。
     雪景色に赤い衣装が綺麗です。猛々しい音楽で暴れん坊将軍みたいでした。
     「牛郎織女」、周源源。
      安徽省黄梅戯劇院二団演出。いつも二団ということは、一団もあるのか。
01年、「巧妹与憨哥・叙夢」、呉亜玲、余順。
      韓再芬優勢は相変わらずですが呉亜玲初登場。嬉しい。序曲にも出演。
      徐君主演の同名作を見たことがありますが、黄梅戯では定番の作品なのかな。
02年、「風坐女画家」、白燕升、呉瓊。
      スーツ&イブニングで紅葉を背景に掛け合い。司会のおじさんがいきなり歌いだし
      呉瓊とデュエットするから驚きました。黄梅戯演員かセミプロなのかしら?
     「西施浣紗」、韓再芬。
      その名の通り「紗」を効果的に使い、水袖など華麗な身体演技を見せる。
      典型的黄梅戯テイストで、変化する戯曲晩会でも変わらぬ貫禄の韓に感動。
03年、「天女散花」、韓再芬。
      古典をベテラン演員で。どっしり見ごたえありです。京劇の同演目より好き。
04年、「採蓮」、韓再芬。
      いつも内容はほとんど同じなのに目を引く韓再芬はすごいと思いました。
      結い髪でなく唐風におろした髪型が珍しい。衣装も唐風です。
05年、 「孔雀東南飛」、趙媛媛、董家林等。
      晩会の黄梅戯にしては(失礼)男優さんが良い。相手役の趙は控えめな演技で、
      いつもの黄梅戯よりあっさりめ・・なんだけど、衣装はドハデです。
                     
-----------------------------------------------------------
00年、豫劇「美女涅槃記」、王紅麗。
     侍女っぽい美人がコミカルに歌うのがかわいかったです。歯切れもよかった。
    拉場戯「紅月娥倣夢」、閨学晶。
     唄は甲高くて苦手ですがすごい早い動きが印象的。群舞がみんな布まわし。
     夫役の人がいかにも間抜けっぽくて、妻が強そうだった。
    粤劇「宝玉成婚」、丁凡。
     広東省の劇ですが、おじさんが宝玉を演じるのでどうも・・。「同衾、同枕」が
     嬉しいそうで、直接的だなーと笑えました。婚礼の群舞は華麗です。
01年、序曲「世紀第一春」、孫静、呉亜玲、蕭雅、閨学晶
     各戯曲の演員が代表作を唄う導入部。孫孫が「天上棹下個林妹妹」を、
     呉亜玲が「黄梅仙子愛徽州・・」と唄っていた。前髪なし姿を初めて見ました。
02年、冒頭の名優挨拶で袁雪芬と茅威涛が登場。
    「青山緑水春常在 人寿年年楽天辺」の対聯と共にお祝いを述べていました。
     茅威涛はスッピン眼鏡でいつもと全然違う。びっくり。かっこいいけど。
    評劇「茶瓶計」、曹昭娟
    紅娘っぽい侍女が小姐のことを唄う。評劇も好きだなあと思いました。
 03年、歌仔戯「邵江海」、鄭恵浜、蘇燕蓉。
    派手な踊りといい服装の色彩といい、黄梅戯に通じるどぎつさが面白かったです。
    04年、龍江劇「荒唐宝玉」、白淑賢。 
     おなじみ「紅楼夢」の主人公から。荒唐だけに赤に黄色の衣装、アホ宝玉でした。
    歌仔戯「厦門新娘」、黄舒、曹辰東、楊雅燕、庄必芳等。    
      今まで見たことないタイプの衣装でした。少数民族?歌と形式は普通。
05年、評劇「花為謀」、干文華、王冠麗。
      映画名作もある評劇の代表作。新娘が二人並んで歌う豪華さきわまりない。
      新婦同士で一人の男をめぐって喧嘩してるのがいいですがここは大人しかった。
      豫劇「花木蘭」、常如玉、王恵等。     
      映画の名作もあるし「花木蘭」は豫劇が元祖だと勝手に思っています。
      女優さんの名前からすると二世なのかなー。真っ赤すぎてすごい衣装だった。 
    
--おまけ、06・07年情報-------------------------------------------------------
2007年戯曲晩会のレビュー
越劇第一世代の女優さんが挨拶で登場します。「梁祝」、「山河恋」、黄梅戯「対花」収録。

2006年戯曲晩会
越劇「何文秀」、「春香伝」、黄梅戯「牛郎織女」。06年は生誕100周年で越劇重視です。
by hungmei | 2008-06-08 23:42 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(0)


鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

※このブログについて※
1越劇、黄梅戯、地方劇
2中韓古装電影・電視劇
3紅楼夢/ドラマ、書籍等
4ブログ関連書籍
5雑感など
電視劇

最新のコメント

オチアイさん ご教..
by hungmei at 19:48
香港ショウ・ブラザース黄..
by オチアイ at 18:22
返信遅れましてすみません..
by hungmei at 22:57
jiaは「架」ではないで..
by 行路人 at 00:05
アザハさま コメン..
by hungmei at 17:02
ご紹介をありがとうござい..
by アザハ at 00:34

記事ランキング

関連サイト