上海越劇誌

  越劇研究者さまから教えていただいた、97年中国戯曲出版発行の本。黒い革表紙で重厚、「上海文化芸術誌」編纂委員会によるもの。1900年代~1930年代の男優時代についてもまとめて読めます。解放前から越劇に丑で人気を博した女優さんがいたとは知りませんでした。呂端英の『穆桂英』とか、知らないだけで武技もあったみたいだし、ブログを全て書き直したいけど、知識の変遷を記録するって名分で書き直しなしに。編劇には女性も多いですが、人名辞典で男性が無徴で女性は「女、演員・・」というふうに書いてあります。リアル。

  ここ最近は中国に行けていませんが、ネットでずいぶん映像ソフトが買えるようになったので活用してます。越劇では書虫が一番種類豊富で、中国書店や東方書店はまあまあ。内山書店は中間ぐらい。黄梅戯やSB黄梅調ならyesasiaだけれど、中国音楽に造詣の深い江南春琴行さんは浙江紹興小百花越劇団のVCDが充実しています。この劇団は90年代の越劇小百花ブームを牽引したんだったっけ、武技で有名で小生スターの呉鳳花、旦の呉素英、陳飛が看板女優。私は丑の潘琴が好きです。『木蘭別伝』とか、邪道かもしれないけど笑える。


江南春琴行さんののページ
浙江紹興小百花越劇団『木蘭別伝』(斬新でコミカルな舞台)
同劇団『綉球縁』(後からレビューを読んでも理解できないほど縁談がこんがらかるコメディ)

【おまけ:「上海越劇誌」による日本公演データ】

出訪時期:1983年11月17日
演出単位:上海越劇院第三団
出訪人数:60人、演出場数:17場
団長:呉琛、副団長:郁仁民
劇目:『紅楼夢』
主要演員:沈干蘭(賈宝玉)、花秀月、朱雪蓮、李萍、
       陳穎、華怡青、胡敏華

  越劇研究をされている佐治俊彦先生の講座で上記のNHK放送を見ましたが、沈さんの調子は悪そうでした(「葬花」の部分)。照明が俳優さんにあたっておらず、ましてやテレビ映像だとよく見えない。おーい。やはり外国上演向けに筋をいじったり、時間を短く演出を変えているんでしょうか。興味津々。 宝玉役が「沈干蓮」と「沈干蘭」になってるけど資料どおりです。今から見ると陳穎、華怡青が出ていたんですね。何の役だろう?
by hungmei | 2008-04-01 19:10 | 4ブログ関連書籍 | Comments(9)
Commented by ほーめい at 2008-04-06 16:40 x
ご無沙汰しております。気が付いたらすっかり春になっていました。
さて越劇日本公演ですが、以前平山さんのBBSで、れにさんが「日本公演で見た華怡青さんの黛玉に夢中になった」というようなコメントを残していらっしゃいました。地方公演も行なわれたようで、キャストもそれぞれ違ったんだと思います。
Commented by 黄梅 at 2008-04-06 18:34 x
こちらこそご無沙汰しております。ゆる訳楽しみにしています!
また情報ありがとうございます!
私がビデオで見せていただいたたときは李萍さんが黛玉でした。
他のキャストバージョンもぜひ見てみたいです。90年代にも、栃木
に銭恵麗さんが訪問したりと、意外に首都圏以外もあついですね。
Commented by 珍重 at 2008-04-24 00:09 x
ご無沙汰しております。
小店のことを書いていただきありがとうございます!!

さて83年の越劇公演の話題がでているのでひとこと。
私も神戸公演、観に行きましたよ!(NHKの録画、いまでも時折見ております。)
手元のプログラムを見ると賈宝玉、林黛玉はトリプルキャストになっており、各公演で役者さんが違っていたようです。
(ちなみに神戸の配役が誰だったのか情けないことにはっきり覚えてないんですよ・・・)

汪秀月さんを筆頭に若き頃の華怡青さん、陳頴さんなどなかなかなメンバーですね。
陳頴さんは「紫鵑」役ですが、テレビ放送の方は温沛さんが演じていたと思います。(これがなかなか良かった!)

97年の浙江小百花の公演が正直いまひとつという感想をもっておりますので、私にとっては後にも先にもこの83年の公演を見ることが出来たのが一番の思い出になっております。
Commented by 黄梅 at 2008-04-25 23:23 x
こちらこそコメントをありがとうございました。
97年だと、「寒情」ですか?(違っていたらすみません)。
83年の神戸公演をご覧になったのですね。うらやましい!当時
生まれたばかりで、大きかったらぜひ見に行きたかったです。
NHKの録画いいですね。私もそのうち見ようと思っています。
陳頴さんは「紫鵑」役は本当に見たいです(^^)
Commented by yama at 2008-04-30 16:36 x
5/10(土)17:00から、銀座の全聚徳で、紅楼夢の宴(会費1万円)
が行われます。解説、資料つき。「紅楼夢を読む会」(HP有)主催で、ツバメの巣のお粥や鵞鳥など、紅楼夢に出てくるお料理を15品くらい再現するそうです。7回目とかで、今回が最終回だそうです。
申し込み:中山 Tel03-3978-7948
Commented by 黄梅 at 2008-05-11 12:38 x
遅くなりましたが、情報ありがとうございました!
紅楼夢に出てくるお料理・・すばらしいですね。ぜひ参加したかったのですが、予定がつかず伺うことができませんでした。今回が最終回だそうで、とても残念です。紅楼夢を読む会は以前から興味がありましたので、書き込みいただけて大変光栄です。
Commented by yama at 2008-05-20 17:18 x
恐れ入ります。
紅楼夢を読む会
http://dokushokai.org/rousha/08.html
毎月第一第三土曜10-12時です。場所は九段社教会館、曜日変更がありますので、お越しの際は中山宛にお電話下さい。旅行会もあります。
Commented by yama at 2008-05-20 17:22 x
恐れ入ります。紅楼夢を読む会は中国人の先生と中山先生の二人の先生によってきめ細かに行われます。只、聞いているだけでも浸れます。第一第三土曜の10-12時です。場所はHPをご参照下さい。日時に変更があることもありますので中山宛お電話下さい。 http://dokushokai.org/rousha/08.html
Commented by 黄梅 at 2008-10-06 14:52 x
賈宝玉役の沈干蘭さんですが、「越劇名家芸術人生」という俳優プロフィール本によると、小生も小旦もこなすそうです。それはすごい!老生と小生とか、老生と老旦ならわかるけど、芸達者ですね。


鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

※このブログについて※
1越劇、黄梅戯、地方劇
2中韓古装電影・電視劇
3紅楼夢/ドラマ、書籍等
4ブログ関連書籍
5雑感など
電視劇

最新のコメント

オチアイさん ご教..
by hungmei at 19:48
香港ショウ・ブラザース黄..
by オチアイ at 18:22
返信遅れましてすみません..
by hungmei at 22:57
jiaは「架」ではないで..
by 行路人 at 00:05
アザハさま コメン..
by hungmei at 17:02
ご紹介をありがとうござい..
by アザハ at 00:34

記事ランキング

関連サイト