邵氏出品・凌波主演『隻鳳奇縁』(1963)

d0095406_165019.jpg1963年ショウ・ブラザーズ作品。『梁祝』でスターとなった男装の麗人・凌波と、その夫の金漢が主演。黄梅調なので唱でストーリーが進行。この作品は内容が本土の黄梅戯『女附馬』とそっくりで期待し購入。女小生の異性装、ラストのお裁きシーンのコミカルさなど好き。ショウブラには越劇『追魚』と同じ『魚美人』という同じく凌波主演の映画があり、どっちが先だか気になります。書虫だと本土版が多いし、yesasiaはショウブラ多いし(当たり前)。

【あらすじ】
秦鳳肅は幼い頃から李如龍と婚約していましたが、貧しい李家を嫌い父母は婚約破棄を申し渡します。拒む李を強引に牢屋に入れ新しい婚約をまとめる親に反発し、鳳肅は男装して家出。都で科挙に応じ状元となり、「これで李公子を救える」と大喜び。しかし附馬に招かれてしまい、女とばれれば死刑と大混乱。すったもんだの末、公主と鳳肅の兄を結婚させ、鳳肅は皇帝の養女となりめでたく李公子と結婚します

凌波・金漢夫妻はこの直前ディズニーアニメでもお馴染み『花木蘭』をヒットさせた後。凌波は60年代ショウブラ作品で黄梅調映画の小生として大活躍しますが、その後イメージの固定に悩み引退も考えたそう。そのあと見事カムバックしたらしいですが・・『梁祝』で共演した黄梅調映画のスター楽蒂が自殺したのに比べれば、まだまだラッキー?日本語版もある李翰林監督『真説チャイニーズ・ゴーストストーリ』では凌波の最近のインタビューが見られます。貴重だ!

本土の黄梅戯『女附馬』と違うのは、

①登場人物の名前

  馮素珍(本土版)/奏鳳肅(ショウブラ)・・女主人公。男装して上京し許婚を救う
  劉大人   /威大人・・・・・・・・・・・・・・相国で女主人公を附馬に推挙した好々爺
  李兆廷     /李如龍・・・・・・・・・ 女主人公の本来の許婚、目立たなくて忘れる
  春紅      / 春蘭 ・・・・・・・・・・女主人公の腹心の侍女、書童に男装し上京

②女主人公に兄がいて、キーパーソンになる

本土『女附馬』で公主と最終的に結婚するのは、李の後に女主人公と婚約する公子。
本土版の女主人公に兄弟はいないが、ここでは兄と弟がいる。

③公主の性格と最後のお裁きのシーン

洞房で公主へ女だとばらすシーン、皇帝にそれを訴えるシーンなどこの作品のハイライト
ですが、ショウブラではあっさり。公主も若干ワガママな本土版に比べ、良い人。

④女主人公を附馬に押した劉大人が目立たない

本土版では上記のとおり、皇帝へ附馬が実は女と上奏する公主と劉/威大人が何とか
とりなそうとコミカルな演技を繰り広げるのですが、そのシーン自体短く大人の出番なし。
その前のシーンでも出番少なし・・お茶目なおじさんの出番が少ないと寂しいです。


本土版『女附馬』の詳しいレビューはこちら ※ 長いです・・
書虫での本土版『女附馬』紹介ページ

全体的にショウブラ版の方が善悪はっきりつけてあって、わかりやすい。本土版だとハイライトシーンにかなり時間をかけるのに比べ構成が機械的に整っています。時間も均等だし。ここでは女主人公の縁談を推し進めるのが意地悪な継母だったり、継母の実子で愚鈍な弟がいたり、家出して状元となり後に妹とムコを助け自分は附馬になっちゃう兄と、ディズニー映画なみの善悪役の固定ぶりです。ちょっとしっくりこなくて、この作品は本土版がいいなー。

凌波プロフィール

by hungmei | 2007-05-13 16:34 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(1)
Commented by 黄梅 at 2007-11-22 01:07 x
このたび女附馬全シナリオを初めて読んだら、「兄がいて公主と結婚する」のは厳鳳英版からの設定でした。全然気づかなかった(汗)。どうりでこの映画でも兄が目立つはず。

この様子でいろいろブログ上でも間違っているので、違うところがありましたらぜひ教えてください・・・。


鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

※このブログについて※
1越劇、黄梅戯、地方劇
2中韓古装電影・電視劇
3紅楼夢/ドラマ、書籍等
4ブログ関連書籍
5雑感など
電視劇

最新のコメント

オチアイさん ご教..
by hungmei at 19:48
香港ショウ・ブラザース黄..
by オチアイ at 18:22
返信遅れましてすみません..
by hungmei at 22:57
jiaは「架」ではないで..
by 行路人 at 00:05
アザハさま コメン..
by hungmei at 17:02
ご紹介をありがとうござい..
by アザハ at 00:34

記事ランキング

関連サイト