毛愛蓮・河南省許晶市越調劇団/ドラマ「新五女拜寿」

d0095406_16385224.jpg書虫で買った「白奶奶酔酒」で惹かれ、「著名越調表演芸術家」である毛愛蓮主演の作品をいくつか見てみました。演目は「李双喜借糠」、「火焚綉楼」。「白奶奶」を合わせ三つで「毛愛蓮セレクション」と売ってます。毛はこのニ作品では完全に貞淑な小姐役で、そのオカンっぽいテイストに惹かれたのになあ・・と若干テンション下がりましたが、「李双喜」はストーリーが面白かったし、「火焚」の方は戯曲には珍しく清朝時代というのを明確に打ち出した内容で面白かったです。

「李双喜」は、幼い頃からの許婚が夫側の没落により縁談差し止めとなり、食べるものにも事欠き婚の妻の実家に糠を借りに行く話。「あんな貧乏な家に」とぼやく両親に、30歳を超えた当時としてはかなりオールドミスの妻が「そんな不義理はない!」と抗議したまたま鉢合わせした許婚と意気投合してめでたく結ばれる話。爽やかな喜劇でした・・。「火焚」は「満朝」「乾隆」などとおいしいキーワード満載で、やはり縁談を巡るすったもんだを描いています。丑や浄の活躍するにぎやかなお芝居でした。浄のガラガラした唄い声になれず、思わずビクッとなってしまいます(笑)。

3つ全て舞台版の中継で、映画やドラマにはない扉を開けたり暗闇でさまようパントマイム演技が冴えていてます。たまたまか、この3つで女性が椅子を運ぶシーンを3回見て驚きました。ほかであんまりなかったので・・・。普通なのかな?それと字幕で小姐も浄も「俺」「俺們」と自称していて、辞書では「方言で『私達』」とあったのですが・・・女性も俺って言うとびっくりしますね。河南省独特の表現とか?北京に近いし、「越調」とあるぶんやっぱり北京語に近い気も。丑の白いメイクがやはり馴染めず・・毛もいくらなんでも小姐じゃないじゃん、とせこいツッコミが。

テレビドラマ「新五女拜寿」は、浙江小百花越劇団の80年代同名映画(茅威涛、何賽飛、陶慧敏主演)のドラマ化。全26話で複雑なストーリー展開になっており、最後には理解を諦めました(笑)。以前アップした黄梅戯原作のドラマ「新女附馬」(還珠3部で有名な黄奕主演)の姉妹版らしく、個人的に気に入った女優・俳優さんを目当てに見たのですが・・うーんどうだったんだろう?大河ドラマ「考庄秘史」で押しも押されぬ寧静も出ていますが、テロップの筆頭に出る割に出番はナシ!ビバリーヒルズ青春白書の恋愛でなく親子関係版みたいな感じでした。面白いんだけど内容把握は難しいです。

越劇映画「五女拜寿」 ⇒ 
ドラマ「新女附馬」 ⇒ 
黄梅戯の「女附馬」 ⇒ 
d0095406_1630032.jpg
by hungmei | 2007-02-01 16:33 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(2)
Commented by chinafish at 2007-02-02 08:37 x
毛愛蓮さん、1930年生まれで、76歳の今も元気なようですね。
ここに紹介が載っていましたが、↓VCDの3作が有名なようです。
http://www.xiqu.org/site/index.php?categoryid=100
Commented by hungmei at 2007-02-03 12:33
ご存命だったんですね!凄い。いつも情報ありがとうございます♪
3作でもやはり「白奶奶」が一番わたしは好きですね。喜劇はいいです。


鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

カテゴリ

※このブログについて※
1越劇、黄梅戯、地方劇
2中韓古装電影・電視劇
3紅楼夢/ドラマ、書籍等
4ブログ関連書籍
5雑感など
電視劇

最新のコメント

オチアイさん ご教..
by hungmei at 19:48
香港ショウ・ブラザース黄..
by オチアイ at 18:22
返信遅れましてすみません..
by hungmei at 22:57
jiaは「架」ではないで..
by 行路人 at 00:05
アザハさま コメン..
by hungmei at 17:02
ご紹介をありがとうござい..
by アザハ at 00:34

記事ランキング

関連サイト