2/10於武蔵小山『中国江南伝統音楽の夕べ』

d0095406_06061195.jpg

d0095406_06070669.jpg

昨日2/10、東京都の武蔵小山にある二胡奏者ウェイウェイ・ウーさんのお店、WeiWei's Cafeにて『中国江南伝統音楽の夕べ』に行ってきました。江南絲竹=上海、杭州、南京など江南地方の民族楽器による合奏スタイル。絲は絹弦などの弦楽器を、竹は竹管からなる管楽器を指すそうです(パンフレットより)。解説によると、数ある中国伝統音楽の中でも「庶民的」「マイナーかもしれない」そう。

演奏は関西を拠点に活動されている小江南曲社さんで、2015年には杭州で行われる『第三届海内外江南絲竹 請賽』にてアマチュア部門銅賞および最佳海外団体賞(海外参加団体一等賞)を獲得。当日は衣装もさすが江南絲竹!老上海!なんか雰囲気が既に中国!な感じで期待感⬆。主催が長年お世話になっている伝統音楽関連ショップ『江南春琴行』の店長さんでいらっしゃるので、思わずお姿を探しました、、、、

関西の方々らしく?トークも軽快で、かつ二胡奏者として幅広く活躍されるお店のオーナーウェイウェイ・ウーさんも感無量とおっしゃる演奏。上海ご出身のウーさんのこだわりで、鳥かごなど天井から吊されたインテリア(確かに中国の茶館なら必須というイメージがある)、上海人ならど定番、それ以外の人にもおいしい豚の角煮や小籠包などの上海メニューの会場とあいまり、なんだか日常生活からトリップしたような感覚に。演奏を拝聴しながらトランス状態へ(o^^o)

また、日本人昆劇女優、前田尚香(まえだひさか)老師の昆曲清唱もあり。私は生で昆曲を見るのは初めてで、指折り数えて待っていたのですが、DVDで聞くとのは迫力が、違う、、、、!!!!演目は「牡丹亭」から「遊園」と、ややマイナーだそうな「刺虎」。前者が昆曲らしい典雅、優美さなのに対して、後者は復讐を誓う女性の激しい気持ちを唱った全く異なる雰囲気のチョイス。チャイナ服での舞台だったので、お衣装も見られたらよかったなぁぁぁ。

●関連リンク●

【プログラム】※パンフレットより転載
1江南絲竹 歓楽歌
2江南絲竹 中花六板
3江南絲竹 懐古
4江南絲竹 凡亡工(又名/陽八曲)
5昆曲清唱 『遊園』から
6昆曲清唱 『刺虎』から「滾綉球」
7広東音楽 平湖秋月
8広東音楽 雨打芭蕉
9 江南絲竹 霓裳曲
10 江南絲竹 行街

【演奏】
笛子/奥田八代以
中阮/川村志織
二胡/中島愛里
二胡、笙、昆曲笛/村田順一
楊琴/吉澤英知
小三弦、洞笙/鷲沢徹志
ゲスト/ウェイウェイ・ウー



by hungmei | 2018-02-11 06:05 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(0)


鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

※このブログについて※
1越劇、黄梅戯、地方劇
2中韓古装電影・電視劇
3紅楼夢/ドラマ、書籍等
4ブログ関連書籍
5雑感など
電視劇

最新のコメント

返信遅れましてすみません..
by hungmei at 22:57
jiaは「架」ではないで..
by 行路人 at 00:05
アザハさま コメン..
by hungmei at 17:02
ご紹介をありがとうござい..
by アザハ at 00:34
チョロさま 改行まえは..
by hungmei at 05:07
黄梅さま こんばんは ..
by チョロ at 22:45

記事ランキング

関連サイト