人気ブログランキング |

鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録

by 黄梅(hungmei)

清朝歴代皇后

    あったら便利かなと、手持ちの本から構成。初期は後宮制度が整う途中で側妃、庶妃や格格(最低ランクの妾)などから、次第に後年の皇后(嫡妻、一人)、皇貴妃(妾=側室、定員一人)、貴妃(二人)、妃(四人)、嬪(六人)、貴人(以下定員なし)、常在、答応、官女子。

  ここでは諡号の簡易版を載せてあり(正式なものは20文字前後など)、規則は「孝」+「皇后本人への諡が一文字」+「夫である皇帝の諡が一字」+皇后。

  皇太后になった人や追尊皇后(死後)も含め載せています。他の王朝より清朝は嫡庶に緩やかで、皇后=皇帝嫡妻もしくは側室でも皇帝生母。前者は皇帝嫡母、後者は皇帝生母かつその他妃嬪の子らの庶母ですが、格は嫡母が上。

   例が東太后と西太后で、皇帝の産みの母は西太后でも側室のため、あくまで序列は嫡妻だった東太后が上。「東」とついているのも、居住した宮の場所からきていますが、当時は東西だと東が上、西が下だから。

    皇帝と合葬するときも嫡妻が優先されるのが原則。皇太后になるかどうかは、次代皇帝即位時に存命かどうかで決まるようです。亡くなっていれば、特に追贈されない限り皇太后にはならないと思う、てなくらいの知識で書きました。




   諡号(おくり名、死後にその徳や業績に合わせ贈られる、ーー皇帝/大王、ーー皇后など)と、廟号(祠堂に祀るための名前、皇帝だとーー宗、ーー祖)、なれるまでかなり区別が難しかったし、今も完全にはわかりません。后妃が存命中に使う徽号もあるし。

   朝鮮王朝は王妃が死ぬと、王様は初婚の女性を王妃に迎えますが、清朝では側室から格上げ。そのため皇帝が在位中に皇后を迎えるのはそれほどなく(大婚といい清朝の歴史でも四回)、その時だけは皇后が皇帝専用門を通れるためとても名誉。

  西太后は皇太后の座を嫁の阿魯特氏に譲らず、皇后に留めたため相当な嫌がらせこいたと思う。前前代の生母でもあくまで皇帝との血縁で決まるため、本来は同治帝死後はその息子世代の皇族から跡継ぎを選んで皇太后から太皇太后になるはずが、次に擁立したのは同治帝従兄弟の光緒帝。

   そうすると西太后は皇太后のままで太皇太后にはならず、夫と同輩の皇帝では阿魯特氏は皇太后になれません。せこい!大阿哥こと愛新覚羅・溥儁(保慶帝)を擁立してすぐ撤廃になるなど、もう父子相続ルール無視。

   中国の他の王朝、例えば前漢はより嫡庶に厳しく、皇后を経ずして皇太后になったのは確か文帝生母の薄太后のみ。魏晋南北朝は嫡母が皇太后に、生母は皇太妃になるイメージ。ただ清朝で妃嬪はほぼ旗人や包衣(満族、蒙古族、漢族、朝鮮系など)の特権階級ですが、宋明は倡伎出の侍妾も。

  選秀女でも妃嬪選抜のものと宮女選抜のものが別個あるので、お手つき宮女から妃嬪になっても一般市民の漢族はあまりない。例外は和平で嫁いできた乾隆妃の容妃和卓(ホージャ)氏で、香妃伝説のモデルになったウイグル族のお姫様。また、清初は外交絡みで朝鮮人后妃や宗室の妻妾多め。

  明では万貴妃に隠れて次代皇帝を産んだ紀妃が、戦争捕虜のヤオ族出身。もとの身分も低いし漢族でもない、そこは構わないんだぁ、と意外でした。さすが他民族国家。皇帝生母ながら散々な目にあった、北宋の李宸妃とどっちがましか。

   考えたら、前漢でも武帝生母の王皇后は、後宮に入る前結婚していて娘もいたし、武帝二代目皇后の衛子夫は陽阿公主府の歌妓だったし、嫡庶には厳しくても、嫡妻にすえられるのは皇帝の一存なのは清朝より自由といえば自由かもしれない。

※読みカタカナはだいたいの目安です

太祖高皇帝(ヌルハチ)
※太祖が廟号、諡は「高」で、正式な諡号は大変長い。本人にもその妃嬪にも後世に行くたび上乗せ、結果、20文字前後に。美字が増やされたり、「皇孝」「皇祖」などが加わる。

・孝慈高皇后・葉赫那拉(エホナラ)氏
  嫡妻でホンタイジの生母。死後追尊。名前は「孟古姐姐」。西太后と同じ氏族で遡るとモンゴル系、海西女直(愛新覚羅氏は建州女直)。ヌルハチ妃は追尊皇后でもおかしくない人がいるが、特に冊立されたのは下の那拉氏とこの方のみ。まさに母以貴子。

・孝烈武皇后・那拉(ナラ)氏
  元妃、睿親王ドルゴンの生母。名前は阿巴亥。殉死を強制された。ドルゴンの側杖をくって順治年間に一度降格、復帰は雍正朝。本により嫡妻だったり微妙だが、この時期は一夫多妻。事実、ヌルハチ妻妾の中でも正室格の妃が同時に二人おり、そのお二方は継福晋などと書かれる。

太宗文皇帝(ホンタイジ)
・孝端文皇后・博爾済吉(ボルジキット)氏
  嫡妻、名前は「哲哲」。「孝庄秘史」、「宮廷の泪」に登場。公主三人、皇子がいない嫡妻という立場は考えるだに複雑そう。晩年は失寵。

・孝庄文皇后・博爾済吉氏/孝庄太后
  側室、特に五人の博爾済吉氏后妃が格付けされたときは五番目の西宮側福晋庄妃。モンゴル名は「布木布泰(ブエンブタイ)」、俗説には大玉児。のちにドルゴンとレビート婚したとの噂(太后下嫁)。確かにドルゴンとの方が年が近い。

世祖章皇帝(順治帝)
・廃后・博爾済吉氏
   初代皇后、孝庄太后の姪。不仲で廃后され、諡号は静妃。皇帝生母の親戚が嫁になりうまく行かないイメージ。乾隆妃で廃后はされずとも、諡号なしの烏喇那拉/輝髪那拉氏とどっちがましか。モンゴル名は「额尔德尼布木巴」。

・孝恵章皇后・博爾済吉氏/仁憲皇太后
  二番目の皇后、孝庄太后の姪、このころはモンゴルとの和睦重視のため博爾済吉氏推し、なかでも科爾沁(ホルチン)部。ちなみに皇太后在位確か60年ほど、清朝、中国史ともに最長記録保持。この人へのあたりの強さとか順治帝のイメージがあまり良くない。

・孝献皇后・董鄂(ドンゴ/とうがく)氏
   側室、死後追尊。順治帝最愛の妃。満州八旗出身でかなりの名門。俗説で当時の名妓と混同されるが、年齢的に無理。ちなみに他の二人にある順治の「章」が彼女だけ入れられてない、神牌(日本で言う位牌)も皇后の列でなく、皇貴妃の列に置かれた、いかにもな宮廷闘争。

・孝康章皇后・佟佳(ドンギャ)氏/慈和皇太后
  側室、康熙帝生母。もと佳氏で漢人、賜姓。漢族の旗人や包衣の場合、賜姓でよく「佳」を付け足し満族風にーー佳氏とされる。かつ拾旗され、皇后を出すと八旗のうち下五旗所属の場合、出身氏族だけが上三旗に引き上げられた。しかもこの方は漢軍八旗から満州八旗へ入れられたので、破格の扱い。太后になり2年で逝去、これからてときなのに。

聖祖仁皇帝(康熙帝)
・孝誠仁皇后・赫舎里(へシェリ)氏
  初代皇后。大婚で皇后になった元配妻子(初婚の妻)。結婚時は13歳、康煕帝は12歳。二度立太子、二度廃太子された嫡長子・允礽の生母。産褥で逝去、享年22歳。

・孝昭仁皇后・録祜禄(ニウフル)氏
  もと側室、二代目の皇后。「康熙王朝」に出ていた。名門の出、赫舎里氏にひけはとらない出自・気質だが無子。病死するが当時は外藩三藩取り潰し騒動中で葬儀も質素。不運。

・孝懿仁皇后・佟佳氏
  名門出身で重臣佟国維の娘、康煕帝の母方従姉妹。孝昭仁皇后が亡くなり皇貴妃の彼女が後宮をとりしきるも、長らく立后されず。病床に伏し皇后冊立され実質一日で亡くなった。無子、一女あり※旧中国では娘がいても息子がいなければ「子がない」という。

・孝恭仁皇后・烏拉(ウラ)氏/仁寿皇太后
   側室、雍正帝生母。宮女選抜の選秀女を受け出仕、王府侍婢から親王妾となってからも長らく「格格」。そのため長男・胤禛(のちの雍正帝)養育はより高位の佟佳氏が行ったりと、苦労人。次男以降は手元で育てた。康煕帝後継争いでは、長男(四阿哥)が次男(十四阿哥)を処刑するなど辛酸を嘗める。

康熙帝は追尊以外で立后するのは三人までとしたのか、それが単に慣例になったのか、このルールがのちに波乱を引き起こすことに。

世宗憲皇帝(雍正帝)
・孝敬憲皇后・烏喇那拉氏
   嫡妻、「甄嬛伝」の皇后のモデル。皇子時代から即位後まで唯一の正妻は貫禄たっぷり。雍正帝より数年早く亡くなるのですが、その後は皇后たてなかったはず。息子も一人いますが、ドラマでは触れられない。

・孝聖憲皇后・録祜禄氏/崇敬皇太后
   側室、乾隆帝生母。「甄嬛伝」の主人公のモデル。満州族の名門。乾隆帝がこの方のためにお金使いすぎて後代財政にきたんじゃない?と個人的には思う。あとは南巡。

※「甄嬛伝」の純元皇后は、烏喇那拉氏を姉妹二人に分離してキャラクター設定した結果らしい。朝鮮王后なら「純元皇后」いますけど。

高宗純皇帝(乾隆帝)
・孝賢純皇后・富察(フチャ)氏
   親王時代の嫡福晋、元配の皇后。今まで意識してきませんでしたが、ヒットドラマ「延禧攻略」では秦嵐が演じ、非常に重要な役どころ。早世するのでなんかせつない。

・継皇后・輝髪那拉氏
  二番目の皇后。「還珠格格」に出てくる。諡号なし、皇貴妃格の葬儀というという屈辱。廃后されて諡号はある順治の静妃とどっちがましか。長年烏喇那拉氏と言われてきましたが、実は輝髪那拉氏らしい。「延禧攻略」では事実そうなっていて、これから変わって行くのかな。

・孝儀純皇后・魏佳(ウェイジア)氏
   側室、嘉慶帝生母、息子即位後の追尊。漢人、内務府包衣出身。「還珠格格」の令妃。乾隆妃では最多の四子二女の母。「延禧攻略」は彼女が主人公だが、息子が即位するのは彼女の死後20年、皇后追尊もそのタイミングのため、ドラマは生前最高位の皇貴妃になったところで終わり。

仁宗睿皇帝(嘉慶帝)
・孝淑睿皇后・喜塔腊(ヒタラ?)氏
  嫡妻、道光帝生母。北京入場後の皇后で皇帝生母ともなったのはこの人だけ。嘉慶帝と同い年・14歳で結婚し、夫が即位、立后され二年で逝去。

・孝和睿皇后・録祜禄氏/恭慈皇太后
 二代目皇后。孝淑睿皇后の死後、皇貴妃として後宮を統括し、立后。ご長寿で75歳まで生き、皇太后へ。二子一女がいるが、娘は夭折。

※番外編
 最高位は皇貴妃ですが、「金枝欲孽」の皇后のライバル如妃、モデルは恭順皇貴妃・録祜禄氏。2013年「金枝欲孽弐」でまだご健在とか。「如妃」の「如」が徽号、「恭順皇貴妃」が諡号。演じる鄭卒曼さんも好き。

宣宗成皇帝(道光帝)
・孝穆成皇后・録祜禄氏
 嫡妻で生前は嫡福晋だが、道光帝即位前に死亡。死後追尊。しかし皇長子で嫡長子の嫡妻という事は期待されていそう。死後、墓地が浸水する不運に見舞われたらしい。

・孝慎成皇后・佟佳氏
  側室で結婚時は側福晋、その後継室となり嫡福晋へ。しかしやはり即位前に物故し、死後追尊。乾隆の長寿がこのへんに影響したような……。佟佳氏は康煕帝生母に始まり漢軍八旗から満州八旗へと、多くの后妃を出した名門。一男一女をもうけるも二人共夭折。

・孝全成皇后・録祜禄氏
  側室、孝穆成皇后の姪、咸豊帝生母。息子の即位で皇后追尊。息子と恭親王が異母兄弟で後継争い、自身は急死したこともあって自殺説、処刑説など噂が絶えない。

・孝静成皇后・博爾済吉氏/康慈皇太后
   側室、恭親王生母、死後追尊。咸豊帝を養育、咸豊帝と恭親王の政治バトルの結果か、皇帝嫡妻でも生母でもなく追尊皇后、皇太后になったのは清朝だと(多分)この方のみ。

文宗顕皇帝(咸豊帝)
・孝徳顯皇后・薩克遠(サコダ?)氏
  咸豊帝の初代皇后。皇子時代からの嫡妻で初婚のお相手=元配といって、嫡妻の中でも一番格上。彼女の死後、のちの東太后が側室から繰り上げで皇后に。

・孝貞顕皇后・録祜禄氏/慈安皇太后
  二代目の皇后、東太后。同治帝の嫡母。当初は雲嬪、孝徳顯皇后の死去に伴い立后。家格としては西太后と同じくらい。当時の規範に従い文盲のため(女子は才無きをもって徳とする)、垂簾聴政では西太后が書面読み上げ担当。

・孝欽顕皇后・葉赫那拉氏/慈禧皇太后
  側室、同治帝生母、西太后。咸豊帝生前は皇貴妃が最高位で懿皇貴妃。息子即位後の追尊。葉赫那拉氏は名門ですが、全部そうというわけでもないみたい。ヌルハチ皇后の葉赫那拉氏と同じで遠くはモンゴル系。妹は醇親王嫡福晋となり、その子、その係累を光緒帝、宣統帝とした。

穆宗殻皇帝(同治帝)
・孝哲殻皇后・阿魯特(アルート)氏
  大婚で皇后に。蒙古正藍旗出身、西太后にいびられた才女。字が読めたとはいえ学問が出来る程ではなかった西太后からしたら、憎らしくて仕方なかったのかも。李翰林監督作品「一代妖后」(邦題/「続西太后」)で天井釣りにされていた人。あれはフィクションですが、夫へ殉死強制の噂も。父は蒙古旗人初の状元である崇綺で、おばは同治帝側室。

徳宗景皇帝(光緒帝)
・孝定景皇后・葉赫那拉氏/隆裕皇太后
  西太后の姪。大婚の皇后だが皇帝とは不仲。名前は静芬。溥儀の退位書にサインし、姑に当たる同治帝の四太妃と対立した。特に珍妃の姉、瑾妃とは不仲。写真を見ても、業績を見てもふてぶてしそうだし、四太妃も瑾妃は特に我が強そう。

宣統帝/廟号なし(※2019/06/18追記)
・皇后婉容/孝恪愍皇后・郭絡羅氏
  天津育ち、ミッションスクールに通い現代的教育を受けるも皇后となったのが運の尽き。夫とも不和、清朝滅亡後もしばらく紫禁城居住を許されるが10年ほどで退去。満州国皇后として招聘され断るが、だまし討で冊立されストレスから阿片中毒、最後は吉林省の捕虜収容所で衰弱死。旗装での写真がたくさん残っている。今は遺品の納められたお墓がありますが、埋葬場所はいまだ不明。弟は溥儀の妹(三格格)と結婚している。

by hungmei | 2014-03-22 00:24 | 2中韓古装電影・電視劇 | Comments(0)