小さなネタ/越劇小生の流派

管理人は越劇でも古典が特に好きなので、60年代など、越劇電影が盛んだったころの映画をよく見ます。越劇映画、また作ってくれないかな・・。それはさておき、中国戯曲にはよく開祖の名前から取って、-派という形があるのですが、越劇なら尹派(小生、尹桂芳から)や、徐派(小生、徐玉蘭から)、袁派(旦、袁雪芬から)、王派(旦、王文娟から)などなど・・。もっともっとあるのですが、今回気になったのは、小生の流派の違い。お師匠さんの歌い方から流派が生まれ、弟子を養成していくシステムがあったので、-派というのを決める第一は歌い方らしいです。でも私はそこまではよくわからない。



しかしやたらに鑑賞してきたため、また古典をたくさん見てきたため、新しい演目には疎くても、流派の違いを肌で感じる時があります^^まあ、古典を見なくても、わかる人にはわかるのでしょうが。杉山氏の「宝塚は王子様とそれを待つお姫様の物語、越劇は自力で人生を切り開く女性とその理解者の男性の物語」というような文章があったのですが、それに加えて、流派での違いかな、と思うのが、尹派と徐派。尹派といえば「何文秀」の本人役、徐派なら「紅楼夢」の宝玉役が当たり役だと思うのですが、そこにも出ている、尹派小生は大人っぽくて頼りがいがあり、知的な感じ。徐派のは天然ぽくて、頼りないけれど、生真面目な誠実さがある。と、私は思っています。大ハズレでしたらすみません。


追記するかもしれません。書きかけ。西廂記を見て、そう思いました。原作の張生はちょっとどんくさい感じだけど、楊小青さんの演出もあってか、90年代版「西廂記」ではかっこいいから、張生。徐派が演じる張生は、もっとかわいい感じがする。
by hungmei | 2013-03-10 11:02 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(0)


鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

※このブログについて※
1越劇、黄梅戯、地方劇
2中韓古装電影・電視劇
3紅楼夢/ドラマ、書籍等
4ブログ関連書籍
5雑感など
電視劇

最新のコメント

オチアイさん ご教..
by hungmei at 19:48
香港ショウ・ブラザース黄..
by オチアイ at 18:22
返信遅れましてすみません..
by hungmei at 22:57
jiaは「架」ではないで..
by 行路人 at 00:05
アザハさま コメン..
by hungmei at 17:02
ご紹介をありがとうござい..
by アザハ at 00:34

記事ランキング

関連サイト