小ネタ/越劇「西廂記」

細かいですが、越劇「西廂記」で昨夜考えたこと。思いつくままに書いてみました。たまたまこの演目について談話する好機に恵まれ、戯曲や中国に詳しい方とお話したところ、いろいろ発見が。まず「西廂記」を観ながら、誰に感情移入するか。私は断然、紅娘だと思っていましたが、崔鶯鶯に感情移入する人もいるんだなと。そりゃヒロインは鶯鶯なわけで、紅娘は重要だとはいえ脇役なんだけど、私の脳内では「紅娘→主人公、鶯鶯と張生→紅娘を引き立てる添え物」くらいな勢い。


偏っていたのか、私。カルチャーショック(笑)「西廂記」は数ある演目の中でも非常に古い起源を持ち、越劇のみならず様々な劇で上演されていますが、そのためか日本文化から見たら「?」なところが他より多いかも、と思います。一つ目は、結末が大円満でなく悲劇でもなく、何となく円満を期待させるだけの、肩すかしな構成であるところ。二つ目は、匪賊を撃退する将軍はともかく、将軍にコネがあり援軍を頼めた張生が称えられる点。張生も偉いけど、誰かにお願いしちゃうのね、というガッカリ感。


私は女にばかり目がいくので、この作品では、「紅娘が進んで取り持つように見えて、実は鶯鶯が紅娘を操縦しているのか?」と考えていたのですが、違うみたい。紅娘に感情移入し、鶯鶯と張生が結婚出来たら出世まちがいなし、でも醜聞になったら・・・崔夫人に殴り殺されるか、妓楼に転売かも!とハラハラしてしまいます。


小姐(お嬢様、いわば主人)と、夫人(奥様、主人の主人)の板挟みの紅娘。その進退やいかに…!逆にマオイートンの90年代「西廂記」は洗練されていて、張生も頼りがいがあり、他のキャストや演出の場合と違っていたのかも?はっきりしない鶯鶯と鈍臭い張生じゃ、紅娘がいないと進展できそうにない。などと、鶯鶯の髪飾りが乱れるのに集中力を乱されながら、考えたのでした。ビラビラ簪みたいな髪飾り、三本のビラビラのうち一本が、しょっちゅう鬢にからまる。鶯鶯がアップになるたびつい見てしまい、引っかかったままでサビに入ったりしたら、気になって背中がゾワゾワしました(^_^;)

関漢卿 - 『竇娥冤』
馬致遠- 『漢宮秋』
白仁甫 - 『梧桐雨』
鄭光祖- 『倩女離魂』
→元曲の四大家とされる。

王実甫

漢文・唐詩・宋詞・元曲
by hungmei | 2013-03-04 15:20 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(0)


鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

カテゴリ

※このブログについて※
1越劇、黄梅戯、地方劇
2中韓古装電影・電視劇
3紅楼夢/ドラマ、書籍等
4ブログ関連書籍
5雑感など
電視劇

最新のコメント

オチアイさん ご教..
by hungmei at 19:48
香港ショウ・ブラザース黄..
by オチアイ at 18:22
返信遅れましてすみません..
by hungmei at 22:57
jiaは「架」ではないで..
by 行路人 at 00:05
アザハさま コメン..
by hungmei at 17:02
ご紹介をありがとうござい..
by アザハ at 00:34

記事ランキング

関連サイト