越劇・黄梅戯・紅楼夢


【ブログの概説】越劇・黄梅戯の紹介

      このブログは、管理人のhungmei(=黄梅、aを入れ忘れ)が好きな中国伝統演劇である越劇と黄梅戯について主に扱っています。中国古典小説の名作「紅楼夢」にはまったのがキッカケで、越劇に興味を持ったのが始まりでした。「紅楼夢」という演目を通して黄梅戯にも触れ、この二種の演劇について発信、情報収集をしたいと思い始めました。おまけで、中韓の時代劇についても触れてあります。

【越劇】
越劇は1906年浙江省紹興地方<山乗>県で始まったとされています。最初は男性のみで演じていましたが、現在では「中国版タカラヅカ」とも言われています。基本は女優のみで全ての役柄を演じ、しなやかな仕草と優美で繊細な唄が特徴。<山乗>州弁や上海語が使われており、俳優さんもほとんどはその地方の出身の方々。「紅楼夢」「梁山伯と祝英台」など恋愛もので人気で、京劇につぐ全国第二位の戯曲。

さらに詳しく見る
# by hungmei | 2018-12-31 00:00 | ※このブログについて※ | Comments(9)


跟我学20180118 馮玉萍教唱評劇《謝瑶環》


# by hungmei | 2018-01-18 21:25 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(0)


銀河チャンネル2月スタート『エカテリーナ 王冠を被った娼婦』(全22話)






     トルコのハーレムドラマをやったかと思えば今度はまたこゆそーーーなロシア女帝ドラマ!本気でチャンネル銀河のためにスカパー入ろうかなと考えてしまいます。PVからするとエカテリーナ二世の話かな。ハイライトで載冠した冠が二世の作らせた白っぽい皇帝冠でした。この頃のロシアもなにげに女帝ばっかりでエカテリーナ一世、アンナ女帝、エリザベータ女帝など。エカテリーナ二世はВели́кая(大帝)呼ばれ領土拡大に功績がありますが、そもそもエカテリーナ一世に至ってはドイツ平民から皇帝の愛人、そして皇后、女帝

   エカテリーナ二世はドイツ貴族の娘からピョートル三世妃となり、のちには夫を退位させるクーデターを経て即位、多数の子女の父親はみんな愛人という強者。跡継ぎがいないエリザベータ女帝がピョートルをドイツから迎え養子にし、その妻エカテリーナ(ドイツ名はゾフィー、大公妃になり改名)とまたロシア語ははじめはなせなかったとか。あ、でもエカテリーナ一世も、出身から何人もの寵妾をへて結婚した噂もあると言うし、ピョートルの死因が便秘だか痔瘻だかと公式発表されたとか、いいのかそれで。二世は確かロシアに漂着した大黒屋光太夫に謁見したとか。「おろしや国」の映画でみました。

# by hungmei | 2018-01-17 08:36 | 5雑感など | Comments(0)


谷文月老師が教える『花為媒』(評劇)





     評劇の代表演目、新霜霞老師と電影紅楼夢の劉姥姥でおなじみ趙麗蓉老師の掛け合いが楽しいラブコメディ。私も大好きで歌える教えるコーナーとりついアップ。評劇の特色ってまだそんなわかっていないので、そのへんを勉強しながらみたいです(^^)/~~~『花為媒』はヒロインが手帕を振るところが、秧歌とか二人転を思い出す。なんとなく北らしさを(勝手に)感じる演目です。

# by hungmei | 2018-01-12 04:26 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(0)


“越韵融融”让梦想成真 / CCTV戏曲


# by hungmei | 2018-01-11 15:27 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(0)


レッドグレイヴ主演『Mary Queen of Scots』(1976)

d0095406_14194301.jpg

  自分の中では『蜘蛛女のキス』のイメージが先行していたヴァネッサレッドグレイヴでしたが、さすが大女優!素晴らしかったです。ライバルにして親友(この映画オリジナル設定)エリザベス一世のグレンダジャクソンもよかった。しかしジャケット写真の写りが悪いのでもっといい写真使ってください(T_T)importDVDの英語字幕付きで見たので、理解はあんまりできてません。

【ざっくりしたストーリーの背景】
  16世紀、イングランドとスコットランドは別の国、連合王国でもないどころか、何度も戦争や政争を繰り返す因縁の隣国。そんなわけで通婚による和平をはかることも多く、その王室の血縁姻戚関係は複雑でした。※のちエリザベス一世死後にジェームス王のもとイングランド、スコットランドが同君連合に、さらに後には北アイルランド、ウェールズと四カ国で連合王国へ。つい先日もスコットランド独立の国民投票があったり。
  スコットランドのメアリー一世とイングランドのエリザベス一世は従姉妹同士。しかし政治手腕を発揮するエリザベスに対し、メアリーは失政から退位しイングランドへ亡命。一応は保護されるものの、メアリーはイングランド王位継承有力候補。父ヘンリーの度重なる結婚のため嫡出認定、ひいては即位の正当性を批判されるエリザベスにとっては危険な存在で、、(東アジアと異なりヨーロッパやイギリスでは性別問わず庶子に王位継承権がない)。

# by hungmei | 2018-01-03 05:00 | 5雑感など | Comments(0)


1/15放送スタート!電視劇『開封府 北宋を包む青い天』






   原題はまだ未確認ですが、銀河チャンネルの宣伝でみてひかれました。日本の大岡越前に伝わるエピソードのモデルともいわれ、中国で清廉な官僚、名裁判官といえばの包拯。色黒に生まれ額に月の形のしるしがあり、夜は冥界の裁判も行ったなど人気の高い人物です。京劇での隈取り包公案でもおなじみ。

   北宋時代の人なので開封府は首都、青い天は『青天』=清廉潔白な役人のことで、包拯のチックネーム?だったかと思いますが、邦題はこれ原題に忠実なのか、わかりにくい気もするけど後宮もの、太后ものの時のメロドラマ全開の変な邦題より100万倍好きだ!

   主人公を演じるビクターホアンはイケメンでないところがナイス(誉めてます💧)個人的には評劇の『秦香蓮』や、越劇『追魚』での印象が強いです。なにより独身と偽り皇女の婿となり、前妻を殺そうとした陳某を斬刑に処すところなんか爽快。ドラマでもきっとでてくるかな?『斬!』と死刑にする札(裁判官が判決発表時に使う割符みたいなもの)を投げつける姿は是非見てみたい。

# by hungmei | 2017-12-16 01:22 | 2中韓古装電影・電視劇 | Comments(0)


越劇『海上夫人』





     聞いたことのない名前でもしかしたら新作?私が知らないだけ?と思いつつ、大好きな謝群英さん主演作でここにメモ。去年神戸学院代でのシンポジウムにいらしていた陳さんも出演のようで、みたいみたいみたい!動画もいいけどDVDうってないかな、、、

# by hungmei | 2017-11-28 06:29 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(0)

    

鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です
by hungmei(黄梅)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新のコメント
記事ランキング
関連サイト