朝鮮三大悪女ほか-韓国宮廷時代劇【覚書】

  噂によると1995年『龍の涙』から始まったという韓国時代劇ブーム。従来主流だったのは後宮を中心にした「大奥」系ドラマ。そこでは王族や后妃による政治闘争が中心の内容。しかしイ・ビョンウン監督のMBC『チャングムの誓い』(2003)あたりから、より幅広い属性の主人公をもって(女官、医女、商人など)様々な題材を扱うようになったらしいです。同監督『チェオクの剣』[原題:茶母](2003)では初の特撮ワイヤーアクション時代劇でヒットをとばし、2008年には『オポチュル』という時代劇シットコムも登場。フュージョン時代劇の時代になりました。
 また高句麗の初代、東明聖王を描いた『朱蒙』(2006)など、李氏朝鮮だけでなく渤海、高句麗、高麗、百済など様々な時代が扱われるようになったのも特徴。そんな中、まだベッタベタな「大奥」ドラマが好きな私が、気になって調べたのが下記の女性たち。旧型「大奥」ドラマの常連で、李氏朝鮮時代の后妃、宗室です。私の知る限りですが、これから見たい時代劇と共にご紹介。もとは中国・日本のウィキペディア、「韓国の歴史」(河出書房新社)、ドラマガイドなどの集成なので割引て下さい。ピンク色の字はクリックで中文もしくは日文での紹介記事にとびます。

・・・・・朝鮮三大悪女・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
張緑水(?-1506)...チャン・ノクス/日本語での紹介ページ
 10代燕山君の妃。妓生出身。女好きで有名な斉安大君(8代睿宗と安順王后韓氏の第二子)の家の歌妓だったが、宴会で10代燕山君の目に留まり後宮入り。はじめ淑媛(従四品)に封じられ、のち淑容(正三品)。中国の故事にならい、口紅をつけたハンカチを渡し燕山君を射止めたという伝説あり。燕山君廃位後、惨殺される。時代劇としては1995年KBS『張緑水』や、1998年KBS『王と妃』、呉秀敏が演じた2007年SBS『王と私』に登場。『チャングム』や映画『王の男』(2005)は時代がかぶっていますが、『王の男』ではその悪女ぶりを発揮し芸人コンギル♂と寵争いをした。彼女と鄭蘭貞、張禧嬪で朝鮮三大妖女。たまに金尚書や他の人も入るみたい。

鄭蘭貞(?-1567)...チョン・ナンジョン/日本語での紹介ページ
 11代中宗の時代、姻戚の正室で貞敬夫人。草溪鄭氏の出身で、都総官鄭允謙の庶子。母は官婢のため、身分は賤民らしい。文定王后(11代中宗の第三位王后、12代仁宗の養母で、13代明宗の生母尹氏)の兄・尹元衡の妾となるが、1551年、正室を毒殺。当時の身分制度から賤民出身の彼女は王族の正室にはなれなかったが、文定王后の後ろ盾を得て尹元衡の正室となり貞敬夫人(従一品)に。文定王后が摂政をつとめた8年間は権謀を尽くして中宗の子鳳城君(熙嬪洪氏所出)と争う。文定王后の死後は失脚し処刑(撲殺)。この人といえば時代劇の巨人・キム・ジェヒン監督の150話長編『女人天下』(2001年)。大陸、台湾でも人気をよんだようです。

金介屎/金尚書
 名前はケットン、ケシ。14代宣祖の寵妃、15代光海君の愛人。貧しい出身で宮女となり、14代宣祖の聖恩を受け金尚書(正五品)に。宣祖の庶子・光海君(恭嬪金氏所出)と義理の親子でありながら通じ、夫や嫡子の永昌大君仁穆王后所出)を殺害。しかし王孫・綾陽君のクーデター(仁祖反正)で光海君は廃位、彼女は処刑。金尚書は綾陽君の祖母・仁嬪金氏と宣祖在位時代からのライバル。金氏は後継者争いに負け息子の信城君は病死、宣祖死後には慣例によって宮殿を去りすぐ亡くなりますが、孫の綾陽君が王位奪回し16代仁祖となる因縁の対決。金尚書はパク・ソニョン主演SBS「王の女」(2003)、イ・ヨンエ主演KBS『宮廷女官 キム尚書』(1998)で主人公。

張禧嬪(1659-1701)...チャン・ヒビン
 19代粛宗の妃で禧嬪張氏。20代景宗の実母。チャン・オクチョンという名。玉山張氏の出身で中人階級。幼少時、叔父の張炫が謀反に連座し処刑されている。当時、粛宗は仁敬王后を亡くした後で、明聖王后の後押しで仁顕王后を娶ったが、大妃・明聖王后vs大王大妃・荘烈王后の対立(※)が起きる。張氏は荘烈王后の後押しで宮中入、王の寵愛を集める。淑媛に封じられた後、第一子の李昀を産み世子に。のち禧嬪に昇格、仁顕王后に「七去」の汚名を着せ廃后に追い込む。しかし仁顕王后復位後に張禧嬪の仁顕王后暗殺計画が発覚、粛宗から死を賜り、粛宗は「以後、嬪を妃にせず、妾を妻にしない」と命令した。景宗により大嬪宫玉山府大嬪張氏に追号。

『張禧嬪』(1961)、金芝美主演/映画『妖花張禧嬪』(1968)、南貞妊主演/MBC『張禧嬪』(1971)、尹汝貞主演/MBC『女人列伝』第一話、李美淑演/『朝鮮王朝五百年』「仁显王后」(1988)銭忍和演/SBS『張禧嬪』(1995)鄭善敬主演/KBS『張禧嬪』(2003)、金恵秀主演

・・・・・・後宮の覇者・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
仁粹大妃/明恵王后(1437-1504) 
 9代成宗の実母で10代燕山君の祖母。父は韩确、母は南陽府夫人洪氏。おばは明の後宮にあがった家柄。はじめ7代世祖の世子・桃源君(懿敬世子)に嫁ぎ世子嬪・貞嬪になるが、即位を待たず夫は死亡。その後、義弟の海陽大君が8代睿宗に。しかし睿宗死後は彼女が実験を握り、実子の者山君を9代成宗に擁立し桃源君に「徳宗」と追号。彼女も仁粹王大妃となる。成宗の妃・尹氏とは不仲。のち尹氏は廃妃され成宗から死を賜る。10代燕山君は尹氏の実子で、この一件は燕山君・仁粹大妃間に大きな溝を作る。燕山君は尹氏事件に関係したものを殺し(甲子士禍)、尹氏を斉献王后と追号。仁粹大妃は失意のまま亡くなる(一説に謀殺)。ドラマ登場は下記。

MBC『朝鮮王朝五百年-雪中梅』(1984年)、高斗心主演/KBS韓明浍』(1994金英蘭主演/KBS『張緑水』(1995)、潘孝貞演/KBS『王と妃』(왕과비)(1998)蔡时那主演/
SBS『王と私』(2007)、銭忍和
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※正室の呼び名
 ・中殿=現王の正室。
 ・大妃=主に現王の母で先王の正室。
 ・大王大妃=主に現王の祖母で先々代の王の正室。
 ・王后=上記に該当する王の正室、生母たちの正式な名前。
 嫡母(現王が庶子だと血縁はない先王の正室)の場合もあり。
 大妃の権威は高く垂簾聴政を行う時もたびたびあった。
 貞熹王后、文定王后、貞純王后、純元王后が有名。

朝鮮時代の後宮制度:正一品(嬪)、従一(貴人)、正二(昭儀)、従二(淑儀)、
    正三(昭容)、従三(淑容)、正四(昭媛)、正五(尚書)・・・で、九まである。
    尚書はお手つき以外の女官の最高位で、20年以上務めるとなれたりする。

歴代王:1太祖(李成桂)、2定宗、3太宗、4世宗、5文宗、6端宗、7世祖、8睿宗、9成宗、
     10燕山君(廃位)、11中宗、12仁宗、13明宗、14宣祖、15光海君、16仁祖、
     17孝宗、18顕宗、19粛宗、20景宗、21英祖、22正祖、23純祖、24憲宗、
     25哲宗、26高宗、27純宗
     ※徳宗、翼宗、荘祖は実際に王位にはつかず亡くなった。また徳興大院君、興
      宣大院君は自らは王位につかなかったが息子が王になったための尊称。

身分制度:良民(両班=高級官僚、中人=中流官僚位、常人=庶民)、賤民(奴婢、白丁)

朝鮮王朝后妃(中文)、朝鮮半島の后妃(日文)→実在の王后(正室)の一覧です
朝鮮王朝嬪御→実在の嬪御(側室)一覧
朝鮮王朝女官→女官の職責について
朝鮮王朝官職表→すごく詳しい!
Commented by hungmei at 2009-02-12 13:55
既見は「王の女」、「王の男」。「女人天下」は台湾版で今後視聴予定、「張禧嬪」と「キム尚書」は日本版を見ています。ただ「王と妃」[王与妃]は本国の韓国、中華圏、日本でソフト化されていないようでどうやって見るか思案中。スカパーch791のKBS WORLDでは放送したらしい。「張緑水」(1995)も全然わからないし。

時代劇俳優という制約がゆるくなった今でも名バイプレイヤーや時代劇の常連俳優さんはたくさんいますね。上記のドラマでも、キャストはかぶりまくり、登場人物も当然同じ人物が違うドラマに登場、描かれ方の違いや俳優さんの演技を比べるのも面白いです。

また、女優さんの加齢で演じる役が変わってくるのも楽しみの一つ。
例えば、

銭忍和(現在43歳)
「朝鮮王朝五百年」仁显王后編(1988)→張禧嬪
「女人天下」(2001)→文定王后
「王と私」(2007)→仁粹大妃

鄭善敬(現在38歳)
「張禧嬪」(1995)→張禧嬪
「明成皇后」(2001)→李尚書
「薯童谣」(2005)→これはSBS、ではじめて百済を描いたドラマ

金蘭英(現在52歳)
「韓明浍」(1994)→仁粹大妃
「女人天下」(2001)→許草希

Commented by 黄梅 at 2009-02-15 10:10 x
イ・ボヒ
「張禧嬪」(2003)→張禧嬪の母、ユン・イノ役
「キム尚書」(1995)→仁穆王后役

既に仁穆役の時におばさんなのですが(爆)、宮廷愛憎劇に主演するときは10代が多少若作りでも、壮年時代に迫力ある演技ができたほうが好き。

パク・ソニョンも「王の女」(2003)では王妃を廃位に追いやる金尚書を演じますが、「張禧嬪」(2003)では張禧嬪にはめられ廃位後、復位を果たしみごと勝利する仁顕王后。正反対の役ですね。

また、三大妖女のうち張緑水は妓生(賤民)出身、鄭蘭貞は父は役人ですが官婢の母から生まれたため賤民出身?張禧嬪は没落した素封家の娘ですが、中人に属するのですね。金尚書はドラマで中人か常民に見えたのですが。仁粹大妃は中国でなら孝庄大后か。朝鮮時代、けっこう后妃って政治的に介入してるんですね。

時代劇王(韓国時代劇専門の隔月誌)では、
KBS→伝統の正統派ドラマが得意、英雄を描くのに長ける
MBC→チャングムなどKBSのスキマ、それまでの時代劇を刷新
SBS→局自体が後発なため苦しいが、なかなか検討

とありました。なるほど・・。
Commented by 百済大王 at 2011-01-02 17:36 x
『韓国の歴史』の著者です。お買い上げありがとうございます!!
Commented by hungmei at 2011-01-02 18:34
百済大王さま

ご報告&コメントありがとうございます!ご著書、大変興味深く拝見しました。今後も楽しみにさせていただきます!
Commented by アヤ at 2013-10-07 10:52 x
インモク妃の時におばさん・・・私もそう思ってました(^皿^)

粛宗の遺言はうなづけますね。ヒビンを悪女にした責任ありますよね~。西太后の「女に政治をさせてはならない」というのも深いものがありますね。現代には通用しませんが。

ルイ15世の愛妾ポンパドゥール夫人も相当の政治介入をしてたようですから、能力ある?女性は、とかく表舞台に立ちたがるものですね^^
Commented by hungmei at 2013-10-07 20:02
アヤさま


コメントありがとうございます(^w^)ありがちですが、粛宗は、政治での聡明さを後宮運営でも見せてほしかったですね。成宗と並ぶ、名君なのに!のパターン。どちらもバッチリなのは世宗くらいなのかな…
Commented by あさ at 2014-10-10 22:03 x
それにしても すごい 詳しい

とてもかけない

転載したい

なぜなら こんな詳しいはひとりでも多くしってもらいたい

asayama55@yahoo.co.jp
Commented by T&C at 2016-05-27 21:57 x
どうしても、朝鮮王朝三、または四大悪女にチョ貴人が含まれていないのが不思議。
Commented by hungmei at 2016-09-01 00:10
あささん

2年もたってしまってからの返信恐縮ですが・・
このころは一番韓流にはまっていて我ながら
取りつかれたようになっていました^^

お褒めいただきありがとうございます。
またご来訪いただければ幸いです、
Commented by hungmei at 2016-09-01 00:12
T&Cさん

コメント、ご来訪ありがとうございます!なんででしょうかね?そしてチョ貴人だと該当者が複数いるのでどの方でしょうか・・
私が知っているチョ貴人はわりとこの3人より小粒な印象があるので、このセレクトには個人的に納得しています^^

仁祖の時に暗躍した鄭貴人はもっとプッシュされてもいいような
最新のドラマでは出てきたりしてるのでしょうか
ご無沙汰で全然わかりません・・・
by hungmei | 2009-02-12 07:08 | 2中韓古装電影・電視劇 | Comments(10)

鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)