何賽飛に関する思い出

d0095406_10351526.jpg  小学生の頃、女性監督の李少紅が撮った映画「紅おしろい」を見て、いかれた役の女優さんのファンになりすでに10数年。「何賽飛(ホー・ツァイフェイ)はいつも妾の役ばかり」というけれど、そこが彼女のかっこいいところ。 チャンイーモウ映画「紅夢」(1992)でも「ラスト・コーション」(2008)でも妾。それもひねくれて手を焼かされそうな妾。旧中国の話なのでいわば側室ですか。第二夫人以下、三とか四が彼女のベスポジ。密通が発覚して殺されたり、絶対良い目を見ないのも特徴です。変人役が似合う!実は越劇女優で、越劇では普通っぽい役も多いですが。

全く説明になっていませんが、懐かしさについ記事にしてしまいました。。
Commented by hungmei at 2009-01-14 11:00
何賽飛が出ている「大宅門」、「明徳繍庄」、「少年皇帝順治之何とか」、など見たいと思っています。あ、「喬家大院」も。胡mei監督の紅楼夢が夢に終わったら、少し気になる。
Commented by ほーめい at 2009-01-14 22:16 x
御無沙汰しております。
hungmeiさんがそんな前から何賽飛のファンだとは知りませんでした。
越劇紅楼夢で何賽飛の演じた黛玉は大変美しかったですし、一昨年訪中した時は、テレビドラマで今時の普通のきれいなお母さん役をしていました。でも一話しか見てないので、普通じゃあないのかも(^^;。タイトルを失念してしまい残念。
Commented by hungmei at 2009-01-15 20:28
コメントありがとうございます!
記事は時代劇のみを想定してかいてしまいました。現代ものだとまた違いますよね(見るのが時代劇か越劇に集中していて、現代ものには明るくなくて…)。最近は滑稽戯(上海)にも挑戦されているとか。ぜひ見てみたいものです!

さっぱり熱心でないですがずーっと好きな女優さんではあるので、画面に登場すると「きたーっ!」とテンションあがります(笑)小学生の頃は名前まで把握していなかったのですが、見る映画に脇役でかなり出ていらしたので、越劇ファンになる前から何となく気になってはいました。でもちゃんと意識して追っかけだしたのは、『考庄秘史』の後からかな。あのときのキレっぷりは記憶に残ります・・
Commented by ほーめい at 2009-01-16 22:33 x
『考庄秘史』のヒロインのお姉さんですね。あれははまってましたね。
たまたま何賽飛のインタビュー番組を見たのですが、お子さんが一人いらっしゃっるそうで、落ち着いていて実に優美でした。
大陸ドラマは時代劇のほうが面白いと思います。特に最近の現代劇は韓国ドラマを意識しすぎて、返って陳腐。今、韓国で「花より男子」を放映中ですが、大陸でも作っているそうです。台湾、日本で成功し、韓国でもそれなりに人気のようですが、さて大陸F4は?すみません、話がそれました。ドラマつながりでお許しを。
Commented by hungmei at 2009-01-17 01:52
そうなんですか!米国「アグリー・ベティ」風の「醜女無敵」が見てみたかったのですが。わりと流行には敏感ですよね、ドラマのつくりが。でも華流「花より男子」は想像つかないですね、そう考えると、台湾ドラマとも無意識に違いを感じてるのかな。何賽飛はお子さんがいらっしゃるんですね。何かでそう見たことがありますが、彼女は20歳前後から越劇界でもエリートだったようで、同時期から上記のような映画でもバリバリ活躍されていたのを思うと、稀有な女優さんだと思いました。

越劇も映画ドラマも同時並行、ってあまりいらっしゃいませんから。多くはどちらか重視で。陶慧敏さんはドラマ重視なような気もします(最近)。単に私の越劇アンテナにひっかかってこないだけかもしれませんが・・。しかし何賽飛が滑稽戯でコミカルな演技をしているのかと思うと、見たいような見たくないような(笑)。にしてもアクティブに現役で活動を続けるそのバイタリティもあこがれます!
Commented by ほーめい at 2009-01-17 22:29 x
『考庄秘史』の何賽飛もコミカルって言えばコミカル?二十歳そこそこで黛玉を演じているっていうのは、やはり越劇エリートの証拠なんでしょうか?
Commented by hungmei at 2009-01-18 19:07
彼女の在籍していた劇団は海外公演用に創立された若手少数精鋭のドリームチームみたいなものでしたし(浙江小百花越劇団)、そこで主役をはっていたんですから、エリートだと思います。林黛玉役も確実かはわかりませんがなかなかやりたくてもやれなさそうですよね。越劇映画でも主演してましたし(『五女拜寿』)。

孝庄秘史での演技は確かにシュールで笑えるかも!そういえば80年代~90年代のお正月特番「中央電視台戯曲晩会」では越劇からは彼女がよく出演してました。越劇界代表ってことでしょうか。今はわりと上海越劇院の人が晩会に出ることの方が多い気がしますけれど。
Commented by hitomi at 2010-10-14 01:46 x
_あの・・・突然すみませんが、hungmei さんは日本人ですか?何さんのことよくしていますね。
Commented by _hitomi at 2010-10-15 15:30 x
孝庄秘史の監督は今年、楊貴妃秘史というドラマを完成した。私は主役の女優さんとこのストーリがあまり好きじゃないけど、何賽飛の演技にはとても気に入った。
Commented by hungmei at 2010-10-15 15:39
hitomiさま

たくさんコメントありがとうございます!嬉しいです。私は日本人ですよ。小学生くらいから中国映画が好きでした。越劇はたまたま見た紅楼夢のドラマから入りました。歌がとても好きです。
Commented by hitomi at 2010-10-16 15:48 x
どういたしまして!こんな素晴らしいブログがあるなんて、私は想像だにしなかった、hungmeiさんにこそありがたいです!よくできましたね!^&^
私も何賽飛さんのファンだから、気が合う人と交流できてとても嬉しいです!
Commented by hungmei at 2010-10-16 16:25
hitomiさま

返信ありがとうございます(^O^)何賽飛のファンでいらっしゃるのですね。私も交流が出来てとても嬉しいです。楊貴妃秘史、心に留めておきます!最近はあまり越劇や中国ドラマをみる時間がなかったのですが、久しぶりにトライしたくなりました。またぜひお立ち寄り下さいませ。
by hungmei | 2009-01-14 07:33 | 1越劇、黄梅戯、地方劇 | Comments(12)

鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)