気になる海外ドラマ『リジーボーデン外伝』『オスマン帝国外伝愛と欲望のハレム』

Lizzy Borden took an axe
And gave her mother forty whacks
When she saw what she had done
She gave her father forty-one 

     19世紀マサチューセッツ州の富豪に生まれ、小さな町フォールリバーを一躍全米注目の的にしたリジーボーデン。童謡にもなり、ハロウィンで斧を持ったリジー人形があるらしい、、裁判では無罪になるも、現在ではリジー犯人説濃厚な有名未解決事件ですが、演技派クリスティーナリッチによるテレビドラマが銀河チャンネルで7/29から放送だそうです。見たい!そして同時期に世界80国でヒットしたトルコドラマ『オスマン帝国愛と欲望のハレム』。ベタベタすぎてたまらん!見たい!






  クライムファンならお馴染みアメリカの1940年代ブラックダリア事件、19世紀イギリスの切り裂きジャックと並ぶ有名未解決事件ですが、これだけはリジーが犯人ではという雰囲気が濃厚。かくいう私もそう思うかなぁ。他に誰も被疑者がいなくて、、、あげられている他の容疑者はあまりにもこじつけ。ただ重い刃物で父母の頭部を合計30回近く殴り返り血は並ではないかと思いますが、本で読んでいると処分する隙はなさそうなのに、肝心の血染めの服が見つからない。
   そのため裸犯行説があり、リッチ版ドラマでもそれを採用みたい。なるほと、裸なら衣服の心配はないわけで、髪を乾かすのが大変なくらい?しかし足跡とか、どうあがいても現場から移動する際に痕跡がありそうなもの、ないらしいんですよね。どうやったの?ピムリコの謎のアデレイドバートレットのように、どうやって旦那にクロロホルム飲ませたの(クロロホルムを嚥下するには激痛が伴い強制しようと並大抵なしえることではないらしい)なみに不思議やー。
   でも証人証言で、直後にピンクの部屋着に着替えたこと、そして着替える前に着ていたドレスはどんなだったか、あった時間などにもよるでしょうが、微妙にばらつきがある。白地に青い模様なのか、青なのか、検察が提示した青いドレスは犯行と関連するのか。ボーデン家じたい、30、40の娘の結婚に全く気を払わなかったという父アンドルーボーデン、いわゆる変人家族だったのか。家屋は今も残り事件のあった部屋にも泊まれるリジーボーデン博物館だそうです。泊まりたいけど事件の起きてない部屋希望!

by hungmei | 2017-07-28 07:16 | 5雑感など | Comments(0)

鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)