陳暁旭さんご逝去から10年

   遅れましたがさる5月13日は、87年央視版紅楼夢で林黛玉を演じた陳暁旭さんご逝去から10年目でした。享年41歳。改めてご冥福をお祈り申し上げます。
d0095406_01444672.jpg

Commented by チョロ at 2017-06-02 22:26 x
お久しぶりです。チョロです。
陳姐の黛玉、百二十回本に忠実な『紅楼夢』でも見たかったです。
やはりあの目元がまさに顰顰。
もう十年も経ってしまったんですね。。
Commented by hungmei at 2017-06-08 14:30
チョロ様

お久しぶりです!あの涼やかな目元はまさに顰児でしたね。私もいつの間にそんなにたってしまたんだろうと、、、ご年輩の方はある程度仕方がないのかもしれませんが、板児の李玥さんや賈瑞の馬広儒さんなど夭折された方々も合わせ、とても悲しいです。ご冥福をお祈りしています。新版紅楼夢の尤老娘に87版尤氏の李貴娥さんが出られてたのが嬉しいです。賈赦だった李頡さんも焦大ででてらっしゃいましたね。
Commented by チョロ at 2017-06-10 10:26 x
こんにちは。気がついたら、いろいろな方が向こうの世界へ旅立ってしまわれていて寂しい限りです。板児の李玥さんも早かった。。どうしても87年版に肩入れしてしまいます。焦大、端役で、小説中の出番も僅かですけれど、強烈なキャラで大好きです。『紅楼夢』は上品な世界に見えるけれど、ののしり言葉のおもしろさは『金瓶梅』並かと(笑)。結構、どぎついですよね。
Commented by hungmei at 2017-06-10 11:59
チョロさん

   新版紅楼夢は優雅さや画面の陰影はさすが李監督という感じがしてそこは好きですが、脚本があまり寝られてないような、シーン選択やナレーションの扱いに混乱というか齟齬を感じてしまいます。もったいない(爆)毎日頭条でみた往年ドラマランキングで一位になっており驚きました。でもそれも納得の品質だと思っています(^○^)新版の家塾での乱闘とか、好きなんですが、あんなに時間を割くシーンか?!他に重要シーンあるのではっ!と印象に残っています。

   李頡老師はあ、記事にしてなかったかも!と急いで別記事出あげましたが、馬広儒さん李玥さん陳暁旭さんはお若くして亡くなっただけに悲しみがひとしおです。李頡老師は大往生という感じでお見送りできるのですが、、、もちろんいつまでもお元気なお姿を拝見したいのですがそれは無理ですし。

    鳳姐の罵倒語とか、初見では大家の奥様が!と衝撃でしたね。中国語じたい罵倒語は豊かな気がしていましたが、金瓶梅紅楼夢の罵り語は確かにすごい!自分にはできないので読みながらカタルシスがあります!
Commented by チョロ at 2017-06-12 22:45 x
黄梅さま こんばんは
(おぉ!改行が復活しました)
えぇ、おっしゃる通り、あの棒読みのナレーションに萎えてしまいました、新版。
葬花のシーンは、宝玉・黛玉の2人だけしかいない世界を見たかったのに、
あのナレーションが第三者の存在を主張しまくりで(しかも棒読み)、
もう腹が立つやら情けないやら。
うんざりしたのは、あのあと新版と87年版の比較、なんていうのを
『紅楼夢学刊』なんかでもまともにやっていたことです。
劉心武の秦可卿論の時もCCTVやら学術雑誌やら、まぁ一時は劉心武一色でしたが、
日本ではちょっと考えられない現象だなぁと、しみじみ思いました。
いつか黄梅さまとこんな話に花を咲かせてみたいです。
Commented by hungmei at 2017-06-18 05:07
チョロさま
改行まえはお使いになれませんでしたか?
復活してよかったです!紅楼夢のお話ならいつでもどうぞー!楽しいですよね。話題もつきませんし。大歓迎です(^○^)

劉心武の秦可卿は康熙帝の皇子で失脚?したなかのさらに娘が秦可卿というのでしたっけ。そういう読み方や解釈もあるとは思いますが、あんな一色に染まるとは思いませんでした!日本では確かに考えられないかも。何がそんなにいいんだろう(爆)ドラマまでやってましたし、、、、

紅楼夢学刊で比較。言葉が見つかりません(´д`)記事をかくほうも困りそうな。こう、新版のいいところを見つけるのはなかなか難しい、ような。主演の蒋夢婕、これからが楽しみな女優さんですが、唇と顎のラインがどうしても健康そうで。メイクやらで何とかならなかったのでしょうか。ご本人のせいでなく、選出したほうに責任があるように思えます。

セット感はんぱなかったのは、結構好きなんですが紅楼夢ではない!(泣)異界、夢をイミするという早歩きも、ゴキブリ走法みたいで、、、嫌みでなく、あれで本当に聊齊とってほしいです。実際言われてましたが、聊齊ならかなり雰囲気が近そう。妖しさを出してもらいたいです(笑)

熙鳳役の姚笛も、長年、越劇ドラマに出たりそれこそ10年来好きな女優さんなのですが、実年齢は30歳をこえていてもどうしても鳳姐にしては若すぎるように見えました。87版の鄧婕さんは当時22歳くらいかな?でも、実年齢ではない、しっくりくることを求めたい!87版の宝琴の王羊さんは当時30歳でも20歳前後の黛玉宝姐姐の妹役にぴつたりでしたし。姚笛がかわいそう。
by hungmei | 2017-05-27 01:41 | 3紅楼夢/ドラマ、書籍等 | Comments(6)

鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です

by hungmei(黄梅)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30