清朝歴代皇后

    あったら便利かなと、手持ちの本から構成。初期は後宮制度が整う途中で、側妃や格格もあったけれど、次第に後年の皇后、皇貴妃、貴妃、妃、嬪、貴人、常在、答応になります。清初のドラマが好きなので、制度の変化もありこんがらかってきました。生前は側室で死後に追尊される皇后もあり、皇后のみの人→側室で皇帝生母、即位時に物故か、皇后で次代皇帝即位時に物故。皇后と皇太后の両方になる人→側室で皇帝生母、即位時に存命、または皇后で次代皇帝即位時に存命、というルールでいいか?つまり皇后のみの称号の人はいて、皇帝即位時に存命かで決まり、皇太后ならだいたい皇后の称号も持つようになるのでいいかな。



      とりあえず、皇帝の-皇帝の一字と皇后たちの-皇后 の一字が、またそれとは違う一字を皇后たちの間 で共有する、と知りました。朝鮮王朝は王妃が死ぬと、王様は初婚の女性を王妃に迎えますが、清朝では側室から格上げ。そのため皇帝が在位中に皇后を迎えるのはそれほどなく、その時だけは皇后は皇帝専用門を通れるため、とても名誉らしい。また、西太后は皇太后の座を嫁アルート氏に譲らず彼女は皇后にとめおかれたため、儒教道徳からすると屈辱的だったとか。中国の他の王朝、例えば前漢はもっと嫡庶に厳しく、皇后を経ずして皇太后になったのは景帝生母の傅太后のみ。彼女は代国王妃だったので、代王太后ではあったのですが、息子がまさかの皇帝即位でイレギュラーで皇太后に。


太祖高皇帝(ヌルハチ)
・孝慈高皇后エホナラ氏......嫡妻でホンタイジの生母。死後追尊。名前は「孟古姐姐」。  
・孝烈武皇后・納喇氏....側室、睿親王ドルゴンの生母。殉死を強制された。順治年間に一度降格、復帰は雍正朝。

太宗文皇帝(ホンタイジ)
・孝端文皇ボルジキット氏...嫡妻、名前は「哲哲」。「孝庄秘史」、「宮廷の泪」に登場。
・孝庄文皇后ボルジキット氏...庄妃、孝庄太后、モンゴル名は「布木布泰」、俗説には大玉児。
※どちらかが昭聖皇太后なのですが、わからなくなってしまい、確認中です。

世祖章皇帝(順治帝)
・廃后ボルジキット氏.....初代皇后、孝庄太后の姪。不仲で廃后され、おくり名は静妃。
・孝恵章皇后ボルジキット氏/仁憲皇太后.....二番目の皇后、孝庄太后の姪、ボルジキット氏押しすぎ。
・孝献皇后・董鄂氏.....側室、死後追尊。順治帝最愛の妃。父は満州人、母は漢人。
・孝康章皇后・佟佳氏/慈和皇太后....側室、康熙帝生母。もと佳氏で漢人、賜氏、拾旗され満州八旗へ。

聖祖仁皇帝(康熙帝)
・孝誠仁皇后・赫舎里氏....初代皇后。大婚で皇后へ。廃太子の生母。
・孝昭仁皇后ニウフル氏....もと側室、二代目の皇后。「康熙王朝」に出ていた。
・孝懿仁皇后・佟佳氏....三代目の皇后、生前に冊立されすぐ病死。「康熙王朝」の不幸No1。
・孝恭仁皇后・鳥雅氏/仁寿皇太后....側室、雍正帝生母。宮女から出仕、長らく「格格」だった。

世宗憲皇帝(雍正帝)
・孝敬憲皇后ウラナラ氏...皇后、「甄環伝」の皇后。皇子時代からの嫡妻でエリート。
・孝聖憲皇后ニウフル氏/崇敬皇太后....側室、乾隆帝生母。「甄環伝」の主人公。満州族の名門。

高宗純皇帝(乾隆帝)
・孝賢純皇后・富察氏...初代の皇后。時代劇でよく恋女房として語られる。
・皇后ウラナラ氏....二番目の皇后。「還珠格格」に出てくる皇后。おくり名なしという屈辱。
・孝儀純皇后・魏佳氏....側室、嘉慶帝生母、息子即位後の追尊。漢軍八旗。「還珠」の令妃。

仁宗睿皇帝(嘉慶帝)
・孝淑睿皇后・喜塔腊氏....側室、道光帝生母。「紫禁城 華の嵐」にいたような。
・孝和睿皇后ニウフル氏/恭慈皇太后...皇后、道光帝嫡母。同じく「紫禁城-」にいたか。

宣宗成皇帝(道光帝)
・孝穆成皇后ニウフル氏....生前は嫡福晋だが、即位前に死亡。死後、追封。
・孝慎成皇后・佟佳氏....結婚時は側福晋、死後追尊。同じく時代劇で見たことがない。
・孝全成皇后ニウフル氏....皇后、孝穆成皇后の姪、咸豊帝生母。西太后ものでちらっと出る。
・孝静成皇后ボルジキット氏/康慈皇太后....側室、恭親王生母、死後追封。咸豊帝を養育。

文宗顕皇帝(咸豊帝)
・孝徳顯皇后・薩克遠氏....咸豊帝の初代皇后。影が薄いかな・・・・。
・孝貞顕皇后ニウフル氏/慈安皇太后...二代目の皇后、東太后。同治帝の嫡母。
・孝欽顕皇后エホナラ氏/慈喜皇太后...側室、同治帝生母、西太后。息子の即位後に追尊。

穆宗殻皇帝(同治帝)
・孝哲殻皇后アルート氏....大婚で皇后に。モンゴル系、西太后にいびられる才女で、自殺した噂も。

徳宗景皇帝(光緒帝)
・孝定景皇后エホナラ氏/隆裕皇太后.....皇后、西太后の姪。大婚の皇后だが皇帝とは不仲。
by hungmei | 2014-03-22 00:24 | 2中韓古装電影・電視劇 | Comments(0)

鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です

by hungmei(黄梅)