電視劇「木府風雲」(2013)

d0095406_461234.jpg   明代の雲南省納西族(ナシ族)を描いたドラマ、CCTV8チャンネルで放送。全40話。雲南省麗江市でロケを敢行、于榮光が監督主演、韓国のチュ・ ジャヒョン、香港の呂良偉らが出演。寧静「奢香夫人」はより前の時代の貴州だったので、ちょっと似た感じ。「土司」=木府の長です。 少し前までは、少数民族は脇役では出ていたけど、主役でドラマ化は最近見るようになった気がするのですが、奇しくも女性首長(もしくはそれに準じる)が主人公なのは、劇的だからか、男性首領だと生々しすぎるからかな、なんて邪推してしまいます。ウイグル族の歴史劇は、ちょっと作れないかな・・チベットもどうかな。ナシ族と言えばトンパ文字!


【あらすじ】容貌すぐれ聡明な阿勒邱(チュ・ジャヒョン)は木府の侍女。そこで次代土司の木増 (朱暁漁)が殺され、おじの西和(宋運成)の関与が疑われるが、 ちょうど明は木府に出兵を命じ、帰還したのは木府の第二子・木隆(于榮光)のみで、彼は土司の地位を簒奪。先代土司・木旺の長子・木青( 呂良偉)の訃報に接し、不信感を抱いた阿勒邱は、木旺の妻・羅氏寧 (潘虹)と秘密裏に調査を開始。果たして死んだはずの木増が生存していることが判明。木増、阿勒邱、羅氏寧の三人は協力して、永寧に逃亡している西和とその息子・木坤 (孫韋)をけん制。西和討伐に燃える木隆を阿勒邱がいさめ、木隆は木府を大いに発展させる。 しかし、対立勢力によりはなたれた刺客の凶刃に阿勒邱が倒れて、、、。
by hungmei | 2013-06-03 05:44 | 2中韓古装電影・電視劇 | Comments(0)

鑑賞作品レビュー、視聴検討作品の備忘録です


by hungmei(黄梅)